« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

宝剣岳編

29日の登山の続きです。今回は”霧の宝剣岳” (※ 写真多いです)

001ワォ~ん。通る人に危険を知らせるため吠えます(coldsweats01嘘)。千畳敷から極楽平という稜線上に出て間もなくすると岩陵帯になります。003

こんな所が連続します004

白い矢印と丸に矢印。一体どっちを登るんだ?005_2

チシマギキョウの群落が心を癒してくれます006

時々霧が薄くなると岩がよく見えるようになります。007

遙か上に矢印が見えます。ここ登るのか!008

咲き終わり?009

岩の間にも必死に花が咲いています。010

よじ登るとこんな景色が見えたりします。011

イワツメクサ。いたるとこで見かけました。012

今回お目当てのヒメウスユキソウ(コマウスユキソウ)。013

ハクサンイチゲ。写り悪いなぁ。014

今にも落ちそ~015

この岩をくぐった反対側に登るところがありました。016

シナノキンバイ。ストロボ光って色が今一。017

キバナノコマノツメ・・だと思います。キスミレも種類が多いなぁ。018

少し広いピークがあるとホッとします。019

写真の向きは間違ってませんよ。行く手に岩がはえています。020

鎖が見えました。どうやら岩のつけ根を登るようです。体重オーバーだと岩が落ちるかも・・・021

ようやく宝剣岳の頂上につきました。ここまでいくつも登ったり下りたりしたので正直言ってピーク見過ごしたかと思いました。なんたって霧で何も見えないんですから・・・gawk022

かわいらしい看板です。023

裏にまわると小さな祠がありました。

それにしても何にも見えない・・・。グルグル回ったり、少し下って写真を撮っていたら、行き先がわからなくなりました・・・と突然、ガスが切れて024

・・・小屋が見える。025

一瞬の事でしたが、これから下る道が見えて一安心。026

下る途中で振り返りました。027

上松町側(木曽側)の谷が下まで見えました。028

やはり修験の山でした。後は木曽駒ヶ岳に向かって歩くだけ。難所は過ぎたけれど歩く距離はこれからが本番です。

木曽駒ヶ岳・宝剣岳

本当は28日を予定していたのだけれど、雷雨が予想されたので1日ずらして今日行きました。本当はもう少しずらしたいのだけれど明日は東京で飲み会。強引に今日にしましたが、やっぱり天気今一でした。ガスと強風。しかも寒気のせいで涼しい。

写真が沢山あるので明日、新宿行くバスの中でゆっくり整理しますが、コンデジ大活躍でした。

001宝剣岳。ガスの切れ間から見えました。登っている時はまわり何にも見えませんでしたcoldsweats01。高度感の恐怖より道に迷いそうで怖かったです。(鎖場なので違うところ下りると遭難しそう)

002雲が多くて南アルプスも北アルプスも遠くの山はさっぱり見えません。

003駒ヶ岳の頂上にある神社のお地蔵さん。自遊人は御嶽山といいこの木曽駒ヶ岳といい、南信の山ではいつも強風に悩まされます。

いい山なんですが、ロープウェイで手軽にあがれるので、観光登山の客が多いのが難点。クラブツーリズムも何十人来ていたでしょうか?

平日にも関わらず1番バスとロープウェイに乗るために朝5時から順番待ち。それでもロープウェイの駅までタクシーであがる客もいるので、ロープウェイはすぐに一杯。お昼でも整理券を配っていました。土日は3時間待ちだとか・・・。恐ろしい。

今日は涼しいよ

昨日、お昼過ぎにrain雷雨thunderが通過してから一気に涼しくなりました。そして今朝は久しぶりに20℃以下。そして雷雨が通過していきました。Th

長峰山のライブカメラ。ガスが早く流れていました。

お昼の今も曇ったままで気温も20℃そこそこ。肌寒くさえ感じますpenguinpenguinpenguin

今日の安曇野

毎日暑いですが、朝晩が涼しいのは助かります。

002暑いので散歩は朝のうちに、しかもなるべく林間のコースにしてます。

農家の女性ふたりがなにやら座り込んで作業をしていますよ。

003稲穂がだいぶ伸びてきました。田んぼも場所によって色んな品種を植えているので濃い緑や薄い緑といろいろ混在しています。

004食べられるかなぁ。 ジャムにするには少なすぎます。

001ゲロゲロ。よ~く見ると花びらにカエルさんがこちらを睨んでいます。

結局、コンパクトデジカメを1台購入しました。花を撮るようになって1GBのメモリーでは半日しかもたない。といってCFはなぜか安売りがない。

SDが2GBで¥980。¥7980のコンデジ(700万画素)はさすがに今ひとつの気がしたので¥12800にしました。これで花の特徴はコンデジでバシバシ撮れますし、山でも状況に合わせて使い分けられます。

今日は夕方から豊科であづみ野まつりが開かれます。

そして今年の安曇野花火は8/14 20時から開かれます。今年はもう少し近くで見ようかな。

平ヶ岳登山(LAST)

最近、安曇野の話題を書いてませんが、毎日sun暑いですsweat01。真夏日なんて当たり前、猛暑日も多いです。

さて、平ヶ岳の写真も今回が最後です。001

まずは小屋の夕食。地場の産物が並んでいます。最近は山に行くとごちそうにありつけます。

002この丘の向こうに昨日の玉子石があります。

010頂上に広がる木道を行く

003005本当は遠くの山が見えると最高なんですが・・・

004木道は残雪の下に隠れています。滑るので歩きにくいですが、なぜか嬉しいです。

006上の残雪が遠くに見えます。花に囲まれた湿原の木道はいつ歩いても楽しい。

009登山道の途中から見えます。この山の向こうは群馬県です。

007_2燧ヶ岳2356m。東北一高い山です。この山の右の裾野に尾瀬ヶ原が広がっています。

008コバイケイソウ咲く湿原と池塘。遠くに見えるのは越後三山。右から越後駒ヶ岳(2003m)、中ノ岳(2085m)、八海山(入道岳)1778m)。

八海山というとお酒bottleを思い出す人もいるかも知れません。ちゃんと買っていって飲みましたよ。

次は木曽駒ヶ岳へ行く予定です。またまた安曇野の話題はお預けか・・

平ヶ岳登山(3)

まずはリクエストのあった「玉子石」001

どうしてこんな形に・・・。巨人がのせたのかな?首がのびる仏像みたいに持ち上がったりして・・・。

風化が進んでいるので「触らないでください」とありました。確かに今にも落ちそうです。

さて、昨日の湿原の白い花のようなものは・・003

ワタスゲです。本当に綿毛のようにフワフワしていて意外と暖かいのですよ。

002ワタスゲとならんで湿原でよく見られるものといえば、この「咲き終わったチングルマ」。花Tinguruma

よりもこちらの景色のほうが、よく見かけるかも知れません。この姿から花は想像できませんね。

今回多く見られたのがアラジロヨウラク012

ヨウラクツツジの仲間は意外と多いです。"ウラジロ"というだけあって葉の裏が白っぽいです。

007いつも紛らわしいのが写真左側の花。(右側はゴゼンタチバナです)

コケモモ?イワハゼ?どうも後者のようです。この手の釣り鐘型の花も多いです。

湿原でよく見られるのがモウセンゴケ。そして今回初めて覚えたヒメシャクナゲ014

いずれもよ~く見ないと気づかないほど小さいです。ヒメシャクナゲは葉っぱをよく見ると確かに石楠花の葉です。

よく見かける石楠花も咲いていましたよ008

白にピンクが混じっています。ハクサンシャクナゲです。

サクラソウ?011

薄暗くて色がよく出ていませんし、葉っぱが見えません。(周りの大きな葉は多分違うよ)

自然は時として美しい模様を作り出します013

植木屋さんが刈り込んだわけではないですね。

005さて今回は雲が多かったので山の写真は少ないですが、次回アップします。

今年はどこへ行っても残雪が多いです。暑いだけでは中々融けない。それだけ梅雨の雨が少なかった証拠です。

高層湿原に咲く花・平ヶ岳登山(2)

平ヶ岳へは奥只見湖から宿(伝之助小屋)のバスで登山口まで送ってもらいました。

この奥只見湖。映画「ホワイトアウト」のモデルだそうですが、実際のロケは黒部ダムで行われました。映画の内容・ロケ地は知っていても、モデルだとは知らない人も多いようです。でも釣りの好きな人なら一度くらい訪れた事があるかも知れません。

さて、平ヶ岳は2000m位から上に広い湿原が広がっています。この湿原に丘のような山頂(2141m)がありますが、ここも広い湿原や池塘が広がっています。000

正面に見えるのが平ヶ岳、写真は姫ノ池という場所から撮影しました。ちなみに左手の奥の方が日光・尾瀬になります。

山頂付近は穏やかな山容ですが、ここに来るまでは"ひたすら歩く""がむしゃらに登る"しかないのです。

001湿原でよく見られるタテヤマリンドウ。004

ハクサンコザクラ。015

水場の近くに沢山咲き乱れていました。

010イワイチョウ。この花も至る所で見られました。

006キンコウカ。

009さて、この草原のようにみえる湿原に見える白くみえるのは何でしょう?湿原を訪れた事のある人にはすぐわかりますね。

百名山・平ヶ岳登山(1)

安曇野も毎日暑い日が続いています。でもなぜかもう”ひぐらし”が鳴いています。夏の終わり頃の夕暮れに鳴く蝉がなぜ、梅雨明けしたばかりの今、他の蝉より早く鳴くのか・・。

さて、自遊人はこの日・月と登山教室で新潟県にある百名山のひとつ、平ヶ岳へ行きました。今回は先に登山報告書を仕上げてからのアップです。しばらく分割してアップする予定です。

まずは暑いので沢の写真から001002

いずれも登山口までの送迎バスの車中からの撮影なので構図もくそもないです。

今回の登山ルートは百名山愛好家からは「正規ルートじゃない」と不評との通称「皇太子ルート」。でも自遊人は愛好家ではないのでありがたいルートです。

野生の王国

朝から降っていた雨がやみ、時折陽も差してきましたが、同時に熱気も襲ってきました。

まあ、暑いぐらいなら我慢で済みますがこちらはそうはいかないImg_028

近所にある県営の公園に熊が出たそうです。まあ、houseの裏山にも住んでいるそうなので不思議な話ではない。 でも夜にdoorをノックする音bellがしたらどうしようcoldsweats02

Img_027_2やはり電気しかないか。新作の案山子に驚いたようですが、高いところから様子を見て去っていきました。

畑のトマトと葡萄の収穫はまだこれから・・・猿が食うか人が食うか・・・「猿固辞」と看板立ててみますかcoldsweats01

田舎暮らしも違う意味でストレスがあります。別荘でたまに遊びに来る人にゃぁわかんねぇだろうなぁ。

激戦

D1000003安曇野市の堀金地区は統計上大型店で買い物をする人が他の地域より多い。その一つの要因と思うのはベイシアの存在だ。

そのベイシアにベイシア電器がオープンしました。スーパーもしかりだが、人口の割には競争が激しい。実はこのベイシアも出店の際には景観の問題から反対もあったようだが、今となっては地域住民の大きなショッピングセンターとなっています。

開店前には大勢並んでいた人もこの時間にはだいぶ少なくなりましたが、長蛇の列が出来ていました。今日のプレゼントはアタック300g。3連休にかけてイベントやら何やら目白押しです。帰りにはガソリン\4引き券をくれました。また購入額に応じた抽選もあり。\2万買うと2回引けるけど、とりあえず要らないものを買ってもしょうがないですね。

\99800の42インチプラズマテレビ、\7980のコンパクトデジカメ・・・展示品とかもありますが、安いですねぇ。みなさんごっそり買っていました。

話変わりますが、ここらは山間部の上、景観の問題からあまりアンテナを立てられないので携帯がつながりにくかったのですが、我が家もようやく家の中で携帯が使えるようになりました。Yama

登山の話題とFOMAプラス利用開始の話題。都心部の地下街などでも一部利用されているFOMAプラス。従来のmovaの800MHz帯をFOMA向けに振り向けたサービスがこれ。FOMAの2GHz帯よりも陰に電波が回り込みやすい性質をもっています。これは山岳部でも有効。中房温泉~合戦小屋でも使える他、上高地も明神の方まで、また槍ヶ岳周辺とかでも使えます。

いろいろと便利になってきました。

効くのか?そんなもの

00「たそがれ太郎」・・なんかの車掌さんみたいな案山子だなぁ。

乱暴狼藉者の猿軍団にはいかにも頼りなさそうですが、これから収穫を迎える畑に据えてみました。

次は次郎か花子か・・・空でカラスが鳴いてます。

今日の安曇野

毎日暑い日が続いています。

D1000001今日は午後から市の委員会があったので、ほりがね物産センターでお昼を食べました。

隣の大きなひまわり畑(春には菜の花畑だったところ)はまだですが、その隣に少し咲いているので、携帯で撮りました。

常念岳の沢の雪もだいぶ見えなくなりました。写真では見えませんが左にある蝶ヶ岳の沢もだいぶ少なくなりました。ここの所夕立が多かったのでどんどん溶けてるようですね。

ハクサンイチゲ<燕岳>

黄色いシナノキンバイと並んで盛りの白い花・ハクサンイチゲ01

もっと沢山02

もっともっと沢山03

登山道の至る所で白と黄の共演が見られます04

花崗岩の白さが目立って見た目ほど引き立たないなぁ05

強風で被写体は動くし、陽が差したり曇ったり・・・条件がコロコロ変わります。

燕山荘から燕岳の頂上まで条件を変えて撮していたら、あっという間にメモリーがなくなってしまいました。もっとメモリーが欲しいな。

◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇

朝晩雨が降って日中は晴れる天気が戻ってきました。もくもくした雲が沢山あっていつ降るかわかりませんが、外出は極力bicycleです。horseがいいけどそこまで庭は広くないです。

黄色い花<燕岳>

さきほどにわか雨rainがきました。暑いですが、まだまだ安定した夏空とは違うようですね。

さて、今日は燕岳登山で出会った黄色いお花を紹介します。まずはスミレ

01オオバキスミレ

08タカネキスミレ。スミレだから花は似ているけど葉っぱが全然違いますね。

オオバキスミレは登山道脇に沢山見られました02

一方、タカネキスミレの方は燕の稜線に咲いていました。風が強いのでぶれてます。

続いて遠目には似た2枚の花0407

1枚目の写真を拡大すると03

シナノキンバイ。2枚目は・・

06_209・・・ミヤマダイコンソウ?ミツバツチグリ?キジムシロ??似ているけどみんな違う気もします。

05よく見るとキンバイの中にキスミレが混じっています。

この他にも遠くに違う黄色い花が見えましたが、崖っぷちでわかりませんでした。

燕岳に行きました

本当は埼玉の友達と守門岳に行くつもりだったのですが、天気が悪そうなので前日に中止。予報でにわか雨の心配が減った、近場の燕岳を往復してきました。縦走すればいいのにもったいないですが、目的は「合戦小屋のスイカを食べるhappy01です。

(以下、山行記録も兼ねているので写真は拡大してください)

自宅から中房の登山口まで約30分。朝6時前に着きましたがすでに第一駐車場は満車。途中で穂高駅からのバスを追い抜き、和泉ナンバーのツアーバスとすれ違いました。シーズン入り前ですが、さすがに人気の山域です。

6:06 中房温泉の登山口1462m(1450)※( )内の数値は高度計表示 出発。先日やまたみ登山学校でお世話になった南安タクシーの運転手さんと会う。

6:20 (1625)。歩き始め最初20分の小休止。 6:35第一ベンチ通過-6:57第二ベンチ通過

7:24(1995)第三ベンチで小休止。ここらで燕山荘との中間点

7:55富士見ベンチ通過。燕山荘まで2.4K

8:20合戦小屋到着。2340m(2363)01_2

朝早いのでまだお客さんは少ないです。ビニール製のスイカが吊してありますよ。

20分ほど歩くと残雪がルート左端に残っていました。このあたりから燕山荘が見えてきます。途中お花畑を楽しみながら登ります。011

9:25 あと一息が長いです。02

行く手に雪の壁が・・・でもこれを過ぎると03

燕山荘への入口です。テン場は2張分だけありました。後は雪の下。帰りには2張とも埋まっていましたよ。04

9:30 燕山荘の前で小休止。どうせ戻ってくるのですが、装備をデポしないで出発。実は雲が多いし風がビュービューなので頂上の岩陰で休憩するか迷ったのです。

05誰が作ったのかな?06

有明山もこうして見ると丘のようです。遠くに霞んで我が町が見える・・・。07

9:40 燕頂上目指して歩き始めました。途中蒸し暑くてブヨだらけだったのが嘘のように風が強くて寒い。でも歩いているうちはTシャツでOKです。

08アルプスの女王。コマクサ。花崗岩質のこんな砂地に生えています。ちなみに燕山荘のそばに「観賞用」として非常に近くに育ててありますので、そばで見たい人はコースのロープをまたいで撮ろうと思わないでくださいよ。足下にも小さな株が育とうとしてるのですからね。

09こんな所にイルカがいるか!

010双六~三俣蓮華の稜線。ここから行くには槍ヶ岳を通らねばなりませんが、途中は老若男女に人気の表銀座コースです。

012至る所にお花畑があります。強風で中々良い写真が撮れない!!

013燕山荘から燕岳の頂上まで1K程度。振り返ると小屋が小さく見えます。遠景は大天井から常念岳の稜線です。稜線歩けば手に取るようだな・・・でも結構遠いのです。

014太ってると通れない(嘘)。こんな岩の間をすり抜けて歩く楽しいコースです。

015目指す頂上はどれだ?似たような岩が沢山並んでいます。

016でも頂上には三角点とこんな表示が足下にあります。(さすがによく見かける木の標識はこんな岩では立てられませ。)

さて、雲が多くて槍が見えないので岩陰でだいぶ早いけど昼食としました。今日はカップ麺。

017018う~ん。見えん。遠く麓は霞んでますが見えてきましたよ。40分ほどいましたがさっぱりなので10:45下山開始。燕山荘に11:04着。

00ここまで来て槍を見ずには帰れないので、ここでしばらく様子を見てようやくこの程度。でも良しとしますか。ちなみにこの時間は結構お客さんが増えていました。表銀座方面へ行くおばあちゃんがふたり。今日は大天井ヒュッテにお泊まりの様子でした。

11:17 下山開始。 11:43 合戦小屋着。早速スイカをいただきました。今日は頂上ではなくこのスイカがお目当て。\800が高いかは価値観の問題ですかね。でも甘くて美味しいですよ。この時間は結構休んでいる人が増えました。

12:00 合戦小屋出発-12:10富士見ベンチ-12:27第三ベンチ-12:41第二ベンチ-12:54第一ベンチと通過。中房温泉の登山口に13:14着。途中多くの団体さんたちとのすれ違いで立ち休みしましたが、ほぼすっとんで下りました。階段が整備されていて結構歩きやすいですね。下りだけで言えば三股~蝶ヶ岳より歩きやすい気がしました。

駐車場は第二の入口まで路駐で止まるスペース無。このシーズンでもこれだけの人気です。それにしても女性が多いな。7:3位の感じでした。女性だけのグループも結構見られましたよhappy01。お金も暇も女性優位か。現代は「おじいさんは麓で芝刈、おばあさんは山へ登りにいきました」。

ちなみに自遊人はというとまっすぐ家に帰り、温泉で一杯は言うまでもありません。

山が近いのはありがたいが、若い女性と出会う事を考えると服装もやぼったいわけにいかない・・・何をやっても金がかかります。

むし暑い日々

最近、夕方~朝のどこかで雨。日中晴れ間という天気が多いです。散歩もムシ暑くて嫌ですが、健康のために歩かねば。『歩こ~beer 歩こ~beer 私は元気smile0001

アゲハの幼虫はこの後どんどん成長し、今日見たらいなくなりました。どこかに隠れてさなぎになっているのかな?代わりに尺取り虫がいたので処分しました。

不安定な天気

01毎日のようににわか雨が降ります。これでは山には登る気になりません。第一、稜線で雷にでも遭ったらたまりませんからね。写真は天窓を流れる雨ですよ。

ところで新聞にモンキードックの記事が出ていました。00

見た目は普通のワンコです。我が家も教えこみますかねぇ。

安曇野らしさとは?

昨日、今日と雨音に目を覚まさせられます。ガルバニウム鋼板の屋根(山小屋の屋根と同じ)はうるさいな。

今日は午後から市の委員会の会議、夜はオルガンコンサート(なんと\100)。週間予報では晴れる予報だった今週は、不安定な天気が続くので山に登れそうもありません。せいぜい自転車で麓を走り回るくらいかな。ところが急に午後から良い天気になりました。もっとも山沿いは雲が取れにくかったですが・・・。天気も回復したので来月行われる安曇野花火大会の試し打ちも行われました。試し打ち・・・何を試すのかな?

000102道端に咲く花が心を癒してくれます。

03こんな安曇野の風景を守っていきたいですが、田んぼがどんどん造成されています。

景観行政団体を目指している安曇野ですが、安曇野らしさとは一体なんぞや?皆さんのご意見お待ちしていま~す。

私は誰でしょう?<霧ヶ峰で見かけた野鳥>

01_202_20304_2姿は見えても名前が全くわからないのが鳥。ピィピィ鳴いた後ゲーとか鳴くので、喉が痛いのかも知れません。

この鳥は一体何ものでしょう?

天気が不安定で日帰り登山ができません。烏川渓谷緑地公園でも行って、レクチャー受けてこようかなぁ?と思う今日この頃です。

松本の暑い夏

7月に入ってから暑い日が続いています。今日は雲が多くて温度の上がり方は鈍いですが、それでも30℃は超えそうです。

005昨日の松本・花時計公園。日中33.8℃まで上がったそうです。子供が水浴びしています。

さて、昨日から歌舞伎が始まりました。今朝の信毎の記事002

自遊人はこれを見るのが目的ではありませんでしたが、お巡りさんが沢山立ってました。暑いのにご苦労な事です。山車が花時計公園に置いてありました。001003004

新聞記事によると人出は5万人(どうやって数えたのかな?)

ところで松本は歩くと古い街並みも含めて、意外と見所が多いのです。写真は源智の井戸006

松本も暑いんでこんな催があるそうです。

さて、昨日こんな暑い松本に山にも行かずにわざわざ行ったのは、このスライド&トークショーに参加するのが目的でした。000

信毎の主催で、大岩氏MCのもと、日本山岳写真協会の支部長さんや槍ヶ岳山荘の穂刈さんや燕山荘の赤沼さんが写真の撮り方とかを解説してくれました。それにしても参加者のほぼ9割が高年層。中高年の登山人気、カメラ人気がわかる気がします。

ちなみにやはりカメラはデジタルより大型カメラだそうですよ。自遊人もそう思いますが、フィルムの装填が多分出来ません。(35mmみたいにポンとはいかない)それに現像温度が1℃違っても表現が違うとおっしゃってましたので、専門の写真屋さんでないと駄目ですね。

クリンソウ<入笠山>

004単純なピンク色だけですが、あちらこちらでニョキニョキ生えています。

001002サクラソウ科なので花が似てます。

ピンク色の花を撮っていたら違う花が混じってました。003

シモツケでしょうか?同じピンクのクリンソウが沢山咲いていたので目立ちませんが、葉がバラ科らしく違います。

昨日は日中32℃、今日も暑くなりそうですが、これから松本で開かれる山のパネルディスカッションに出かけてきます。ちなみに同じ松本で今日から平成中村座 信州まつもと大歌舞伎が始まります。

信州の夏も本番を迎えます。

ニッコウキスゲ(霧ヶ峰)

ネットの辞書によるとニッコウキスゲ(日光黄菅)は別名で、本来の名前はゼンテイカ(禅庭花)というそうです。0105

中信では車山が名所で梅雨明けの頃にはスキー場がお花畑となります。020406

ここはリフトがあるので頂上まで誰でも楽に登る事が出来ます。広い遊歩道があるので歩いてもさほどではありません。ちなみに草原の中は立ち入り禁止ですよ。足下にも小さな花が沢山ありますからね。

ニッコウキスゲはどこでも見られる花ですが、鹿の食害が広がっています。002

南アルプスでもお花畑が食い荒らされているそうです。ちなみに図書館で暴れたカモシカではなく、ニホンジカですよ。こうなると"しか"たないとも言ってられません。

ところで話は違いますが、安曇野市のHPに便利なマップが出来ました。航空写真や地形図も出ます。001

HPを管理している情報政策課は今年増員したようですが、このように見えるアウトプットがあれば、税金を払う気にもなりますね。

レンゲツツジ(入笠山、霧ヶ峰)

県内至る所でレンゲツツジが見頃を迎えてます。

入笠山001002003

続いて車山高原。後ろに見えるのは蓼科山です。004

ビーナスラインの途中です。路駐している車も見かけますが、危険です。しかしすぐ近くに駐車場があるのに何故?005006007

午前中は雲が多かったのだけど、間もなく青空が広がってきました。八島湿原にも立ち寄りました。008009

湿原の中にもぽつぽつ見られました。

今日の安曇野は時折ポツポツ雨が落ちてきますが、陽もさしたりで蒸し暑いです。

最後に珍しい黄色のレンゲツツジ000

入笠山で見かけました。010_2

めったに見かけません。

※昨日アップしたツツジの名前はサラサドウダンでした。ヨウラクとドウダン・・・似てるな

花と展望の旅・入笠山、霧ヶ峰

001夏山シーズンがいよいよ始まりました。梅雨の真っ最中にも関わらず、昨日・今日と日中は真夏の暑さです。

今日は登山道や湿原で出会う花を紹介します。(名前のわかるのだけcoldsweats01)

AmadokoroFuuroHatazaoKinpougeMaizuruShirosumireTakatodaiTsumatoriZudaUtsugiKobaikei他にも沢山あったのですが、調査中です。

ちなみに今、見頃なのはレンゲツツジ。入笠山ではスズランの他クリンソウも多く見られます。霧ヶ峰でこれから見頃となるのはニッコウキスゲです。

また順次アップしていきます。

※ 先日アップした花はサラサドウダンでした。(7/3)Sarasa

入笠山の鈴蘭

0201花言葉は「純潔、純愛」

03イギリスやフランスでは5月1日にスズランを贈られると幸運が訪れると言われているそうです。でも今日は7月1日ですね。

00小屋の犬に吠えられました。食事しているのを見られるのが嫌なようです。そっぽ向くと鳴き止みます。

001天気予報は晴れでしたが、高曇り。富士山は見えました。麓の町は富士見町です。

003槍ヶ岳が見えます。北アルプスが見えると妙にホッとします。

002南アルプス・甲斐駒仙丈が見えます。鳳凰三山も見えましたよ。

この他に中央アルプス、木曽御嶽、乗鞍と360°一応見えたので満足。

004北は蓼科山から北八ヶ岳、南八ヶ岳・・・。

ところで入笠山は自遊人にとってゆかりがあります。・・・何故かと言うと005

6年過ごした中学・高校の寮があるのです。まだありました。そう言えば校友会に転居の連絡したかな?

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト