« 逃げる合鴨、じっと動かない鳥 | トップページ | 早春賦まつり(4/29) »

奥裾花自然園(4/28)

☆注☆ 写真沢山なのでクリックしてご覧ください。

鬼無里(きなさ)という山里を知っていますか?白馬と戸隠の間に位置するちょっとした秘境ですが、実はこれまで訪れた事がありませんでした。信毎の北信欄を見ていたら27日に開園したとあったので行ってみる事にしました。安曇野からは白馬経由で約1時間半。途中、峠越えの国道からの白馬の風景確認も目的のひとつです。

001右が100名山の高妻山です。奥裾花(おくすそばな)自然園にいたる道の途中からよく見えます。003

堂津岳でしょうか。妙高はもっと奥の方で手前の山が邪魔で見えない。002

"がぉ~"というよりどことなくもの悲しそうな表情です。おばあちゃんがふたりで切り盛りしているお店の山菜蕎麦は山菜山盛りでした。今日は行者ニンニクの卵とじをサービスしてくれましたよ。

さて、奥裾花自然園へは白馬から長野に抜ける国道406号線からひたすら山里の道を上っていきます。途中で入園料¥400を払います。ここからさらに20分ほど走ります。途中行きと帰りで道が異なる部分があります。道は細いし落石の危険もあるので路駐禁止。でも所々広場があります。01

車はここまで。ここから自然園入口までシャトルバスに乗り換えます。徒歩でも20分ほど。当然自遊人は歩きです。02

ほとんどが車道歩きになります。03

標高差で100m程度。のんびり歩くとふきのとうとか小さい花が結構咲いています。04

自然園入口のバス停。シャトルバスもここまで、この先まだしばらく車道歩きが続きます。05

沢筋はまだ多くの雪が残っています。でも雪の下には水が流れています。06

こんな具合。雪解けの水は当然冷たいです。070809

戸隠連峰。西岳。

戸隠山というと「蟻の戸渡」という難所があります。臆病者の自遊人はこの直前に足がつってここはまさに蟻のようにはって歩きました。(ガスで両側の谷は見えなかったのだけど・・・)10

自然園の本当の入口です。11

見える山へ登る登山口。雪で覆われています。12

でも、開園したての自然園も雪に覆われています。13

そう言えばお目当ては何か言ってませんでしたね。14

水芭蕉です。一番大きな今池湿原だけ回りました。奥にはこうみ平湿原とかモリアオガエルやクロサンショウウオの生息する吉池、ブナの原生林もありますが、まだ雪の中です。1516171819

ざっとこんな具合です。開園したてなのであまり咲いてませんが、連休中にはもっと花が開く事でしょう。20

またまた戸隠連峰。手前の斜面が激しく削られているように見えますが、この一帯は2000万年くらい前は海だったのです。21

ブナの原生林。新潟との県境付近にはブナの原生林が多く見られます。22

奥裾花渓谷2324

この渓谷沿いにはいたる所で化石が見られるそうです。第三紀頃の堆積岩だそうですが、この写真に見られるような断層が糸魚川-静岡中央構造線付近の地殻変動のすさまじさを物語っています。25

奥裾花ダムの所は行きと帰りで道が違います。26

桜が少し咲いています。下るほどに咲く数は多くなります。

さて、鬼無里をあとに再び来た道を引き返します。27_2

国道406号線途中の峠からの白馬連峰の眺め。昨日に引き続き雲が多いです。28

白馬村麓に下りてきました。桜が綺麗に咲いています。29

この花はなんという名前でしょう?30

白馬から長野へ向かうオリンピック道路途中に広場があります。以前はよく使いましたが、今は通る事がありませんが桜と白馬のコラボが良い場所です。まだあまり咲いてませんね。31

かわりに・・・といってはなんですが、畑の大敵、雑草軍団と白馬のコラボ。ホトケノザもこうやってみるとかわいいです。

今年はあまり連休って感じではないですが、天気はそこそこ良さそうです。でもちょっとバタバタしそうな一週間になりそう。今朝はいつも以上に(勤めてた頃並)早起きです。

« 逃げる合鴨、じっと動かない鳥 | トップページ | 早春賦まつり(4/29) »

コメント

 こんにちは
 下から3枚目のお花の写真は
蔓日日草でいいと思います。

やっちゃんさん ありがとうございます。

ネットで見たらヨーロッパでは、身につけていると悪いものを寄せつけず、繁栄と 幸福をもたらしてくれる」という言い伝えがあるとありました。一輪もらって(採ってくる?)くればよかったです。

自遊人さんこんばんは~♪

おりひめもPC花図鑑の色で捜してみると
やっちゃんさんと同じくツルニチニチソウに
たどり着きました。
ありがたいお花なんですね。
植えてみたくなりました。

ところでクマさん、もちろん生きていないですよね~。
はく製ですか?
やさしい感じのクマさんですね。
うちのばあちゃん、尾瀬の水芭蕉を見に行ったら
前日に本物のクマが出没したとガイドさんが教えてくれたそうです。
それにしても水芭蕉の白いのが葉っぱだなんて
驚きました。
どうみても花びらに見えますよね。

奥裾花自然園初めて知りました。
かなり山深いところにあるようで、雪も沢山残ってますね。
これからの季節には、ハイキングにもってこいの自然に囲まれたよい所のようです。
湿原の水芭蕉は、美しいです。

おりひめさん こんにちは
ただの雑草ではなかったとわかって少々残念。
今年もクマが起き出してきましたよ。自遊人はまだお会いしていません。この生き物だけは女性でも遠慮したいですね。

avalonさん こんにちは
新潟との県境近くの豪雪地帯でまだまだ雪が残っています。でも急峻な岩山が多いのでスキーには向きません。中越地震でも被害があったのでしょう。道路もあちらこちらで崩れています。

クラブツーリズムがこういった山歩きのツアーを沢山企画しています。当日も来ていましたよ。でも基本的に観光客相手のツアーなので装備の説明はないようですね。スニーカーでツルツルしながらこけているお年寄りが気になりました。少なくとも欧米では山岳観光地にジャケットにスニーカーの人は見ません。

水芭蕉は綺麗ですが、木道の上で三脚は混雑期はきついですね。尾瀬などもその代表的な場所のひとつです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 逃げる合鴨、じっと動かない鳥 | トップページ | 早春賦まつり(4/29) »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト