« 立山黒部アルペンルート Ⅱ(室堂編No.1) | トップページ | 立山黒部アルペンルート Ⅳ(室堂編No.3) »

立山黒部アルペンルート Ⅲ(室堂編No.2)

100_2101_2  アルペンムード満点。少しカナディアンロッキーの雰囲気もあります。102

思えば遠くに来たもんだ103

でも先もまだまだ。これから最後の登りがきつい。104

空を旅客機が飛んでいます。105

一面の青い空と一筋の飛行機雲。106

遠く日本海の方は雲海が広がっています。それまで穏やかでしたが途中から急に風が強くなりました。標高、山の位置で風の強さは大きく違います。

そしていよいよ一乗越につきました107

北アルプスの峰々が広がります。写真からは伝わってきませんが風が冷たくて寒い!108

お馴染み、どこから見てもはっきり目印になる「槍ヶ岳」です109

笠ヶ岳。白い円錐形の山容が綺麗110_2111112

とにかく風が強くて寒い!113

小屋の1階はすっかり雪の下です。山ボーダーが風を避けて滑走の準備をしていますよ114

中央に見える黒いものは何でしょう。実はこの下にトイレが埋まっています。屋根の一部が見えているのです

時間的にちょうどお昼にしたいのですが、とにかく寒いのでとっとと下山することにしました。--->run 室堂編No.3へ続く run

« 立山黒部アルペンルート Ⅱ(室堂編No.1) | トップページ | 立山黒部アルペンルート Ⅳ(室堂編No.3) »

コメント

自遊人さんこんばんは~♪

こんなに雪深いんですね。
青空と真っ白い雪はきれいでしょうね~。
落とし穴状態で雪の中にすっぽり落ち込んでしまうって心配はないですか?
おりひめは恐いです。

素晴らしいsign03
絶景を見せて頂き自遊人さんに感謝いたします。
自分には到底行けないです。
それとジェット機もなんだか近くに感じますね(笑)

おりひめさん こんにちは

これでも2、3月よりは減っているのでしょう。この積雪のおかげで7mもの雪の壁で有名な「雪の大谷」が作られるわけです。

雪は朝のうちは表面が固いし登りなのでキックして足場を作りながら歩くほどで沈む事はないですが、逆に滑落の心配はありますね。ただ、そんなにツルツルでなく新雪ものっていること、滑落しても戻ってくるのが大変なだけで危険はないところです。
下りは気温があがりましたが、さすがに標高の高いところは体重で少し沈むだけでした。でも下るに連れてうっかりすると"ズボッ"となります。でもガチャピンも生き埋めにはなりませんよhappy01

avalonさん こんにちは
ほんとにairplaneが近くに見えます。airplaneから見る景色も良い事でしょう。

いよいよ次回は室堂最終をアップします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 立山黒部アルペンルート Ⅱ(室堂編No.1) | トップページ | 立山黒部アルペンルート Ⅳ(室堂編No.3) »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト