« 立山黒部アルペンルート  Ⅰ(扇沢→黒部ダム編) | トップページ | 立山黒部アルペンルート Ⅲ(室堂編No.2) »

立山黒部アルペンルート Ⅱ(室堂編No.1)

立山側から入ったスキーヤーの方が亡くなられたそうです。この日は近くの爺ヶ岳でも雪崩で一人亡くなっています。帰りがけに見かけた登山口に止めてあった車の中の1台の方なのでしょう。痛ましい事です。

さて、まずはこのコースの見所、ロープウェイからの眺めです。01_2

画面中央やや左の白いところが黒部湖ですよ。02_2

ガスの中から下りのロープウェイが見えてきました。03_2

雄大な景色もガスがかかってよく見えません。山の向こうは晴れてるかなぁ?04

大観峰の駅から。このロープウェイは途中に支柱が1本もありません。05

室堂の駅。実は富山県立山町側からは17日開通。「雪の大谷」で有名な部分が除雪中なのです。だから立山へ向かう改札はやっていません。06

それにしても人がいませんね。ここはシーズン中は人であふれかえっています。だから普段はこんなにのんびりと準備なんか出来ません。

準備して建物から出ると・・・07

こんな素晴らしい景色が待ちかまえていました。08

除雪車の通った先に人影が少し見えるだけ。09

今回は立山の主峰、雄山(正面に見える山)は登りません。10

駅が小さくなってきました。12_2

雨で融けたり風が白い雪面にいろんな模様を作り出しています。1113

17日のオープンに向けて宿泊施設を掘り起こしています。14

機械の動く音が聞こえなくなると、後は風の音しか聞こえません。15

綺麗な筋が遠くまで続いています。16

谷もすっかり雪に埋もれています。17_2

さて、目指すのは左の山の斜面の下の平らな所、よ~く見ると建物が見える「一乗越」という所です。まだまだ遠いなぁ

ここは片斜面で歩きにくい。実はアイゼンとかスノーシューとかつけてないのですよ。でもつけるとかえって歩きにくいです。(帰りにつけてみて実感)

しばらく行くと最後の急登があります・・・>run 室堂編No.2へ続く run

« 立山黒部アルペンルート  Ⅰ(扇沢→黒部ダム編) | トップページ | 立山黒部アルペンルート Ⅲ(室堂編No.2) »

コメント

はじめまして。

雪の大谷で検索していたら、たどり着きました。

富山側から行こうと計画しているのですが、
どのくらい寒いのか、見当がつかなかったのですけど、写真付の記事で大体のイメージがつかめました。

私はスキーなどをしないので、防寒対策には自信がありません。靴もそろえないとだめかなぁ、と思ってます、予定ではスニーカーに防水加工をして行こうかと思っていたのですが・・・(東京在住です)。

もしご存知なら、教えていただきたいのですが、
「ツアー」でないと、混んでいたりなどで、参加できないのですか?
行く予定日は平日なので、早めに行けばいいんだろう、と思っていたのですが・・・

スッゴイ!
こんな絶景が待っていたのですね。
ガスの中のロープウェイは、天空へ続くようです。
でも、軟弱者の私には、その先のfootは、無理!
NO.2も期待大です。

ともさん 訪問ありがとうございます。
晴れれば暑いくらいですが、それでも風は冷たいので風よけは必要です。レインウェアの上でも十分です。もし今後も山の景色等楽しまれるのであれば、ゴアテックスのものを一着(上下)用意されると普段も使えて便利です。天気が悪い時は一気に寒くなります。盛夏以外はいつ雪が降ってもおかしくない地ですが、服装は重ね着で天候にあわせてこまめに調節できるものがよいと思います。ダウンのような厚い防寒着は初めから天気が悪い事が予想される場合以外は不要と思います。汗をかくとかえって風邪をひきます。(但し車の中で仮眠する時は便利です・・・朝はとても寒い)
靴はスニーカーでも大丈夫ですが、滑りやすいです。これももし今後、ハイキング等を楽しまれるのであれば軽登山靴(できれば防水の効くもの)を用意されたほうがよいです。靴は高いですが、歩く時に使用するものなのでしっかりしたもののほうが、結果として快適に旅を楽しめます。ちなみに市販の防水スプレーは水や汚れをはじくもので、水の中につかれば浸水します。

山の観光の一般的な事を書きましたが、東京と変わらない服装でやってくる人が多いのも事実です。初期投資にお金がかかりますが、良いものは大事に使えば長く使えますし、最近のものは街歩きでもおかしくないお洒落なものが揃っています。量販店でも良いですが、できればお茶の水や上野にある専門店でお店の人と相談しながら揃えられると良いと思います。

時期にもよりますが、ケーブルカーの整理券をとる行列が始発前にできます。平日ならそんなに待たずに乗れると思いますが、ハイシーズンほどでなくても駐車場で前泊する人が多いです。駐車スペース探しでも苦労しますので早い到着が望まれます。遅いほど駅から遠くになります。
いずれのルートでも東京からは遠いので気をつけておいでください。
ちなみに公共交通機関を利用するのであれば、行動に制限がありますがツアー等利用の方が便利で安上がりで楽かも知れません。

avalonさん こんにちは
志賀高原をスキーで巡れるfootなら問題なしですよ。
中々見る事の出来ない風景を引き続きアップしますので、松本城の桜はその後になりそうです。

いろいろと情報・アドバイスありがとうございます。
ここまで詳細な情報はなかなかなくて困っていました。

富山宿泊、早朝から電車等に乗り込んで行く予定です。

東京の冬に使っていたロングコート、帽子、サングラス、日焼け止めを持っていこうと思います。

用事を済ませた後に行きますので、靴はどうしようか思案中です。

ともさん こんにちは
雪の大谷見物と室堂散策だけなら少々歩きにくいですが、気をつけて歩けば靴はなんでも大丈夫ですよ。(天気が悪ければバスから眺めるだけでも迫力ありますから)
自遊人も"ついで"を有効に使ってよくいろんな所に行きましたからhappy01

行ってきました。
とってもよかったです。
天候にも恵まれ、歩いていると汗ばむほどでした。風は強かったですけれど・・・・sun

こちらのブログが大変参考になりました。
ありがとうございました。wink

ともさん 天気に恵まれよかったですね。
たまに安曇野以外の話だったりしますが、
これからも安曇野中心に長野の情報を
アップしていくつもりです。
たまにお立ち寄りください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 立山黒部アルペンルート  Ⅰ(扇沢→黒部ダム編) | トップページ | 立山黒部アルペンルート Ⅲ(室堂編No.2) »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト