« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

早春賦まつり(4/29)

※ 今日も写真大量です。クリックしてご覧ください

土曜日は一日雨で10℃以下、朝も1℃近くと寒い日もある安曇野も昨日のお昼頃から暖かさが戻ってきました。さて、安曇野に春の訪れを告げる早春賦まつりが29日行われました。Img_0005Img_0006

好天に恵まれた昭和の日の安曇野。01

水のはられた田んぼに映る山並みも綺麗です。

さて、午前中の会場となった早春賦の碑周辺。まだ始まるまで時間があります。020304

まだ準備中でした。0506

早春賦の碑から大王わさび園へ向かう途中にある道祖神07

常念山系も今日ははっきり見えます。

時間があるのでくまさんのやってるわんだあえっぐへ立ち寄りました。Img010

GW中の企画のチラシ。基本予約必要ですが、飛び込みもOKだそうです。大王わさび園だけで時間が余る方は是非立ち寄られては如何でしょう?08

常念が笠かぶってます。たぶん地震雲ではないと思います。

さて、再び祭りの会場へ戻りました。お客さんもだいぶ増えました。0910

合唱団がリハーサル中です。1112

お菓子にお抹茶そしてビールがいただけます。自転車もほんとはいけないのだけど、まあいいか?13

ハンドベルも練習中。1415

アルパクラブの方が談笑中。アルプスバックに1枚写真撮らせていただきました。アルパ(インディアンハープ)は安曇野出身の上松美香さんが東京を拠点に活躍中です。CDとかDVD出てますので音色を聞きたい人は買ってください。

さて、いよいよオープニングです。1617

子供達の演奏に続いて開会の挨拶です。1819

おでこの広い人は誰だったかな。市長さんは何度も見かけましたので覚えました。20

インドネシアからの来賓です。早春賦の作詞家吉丸一昌氏の孫のサクラさんとその孫のディーバちゃんです。212223

早春賦の合唱。三世代の合唱、真ん中の列のお母さんの子供さんが最前列、おばあさんが最後列という珍しい合唱団です。

24先のインドネシアからの来賓のかたも加わっての早春賦の合唱。

続いて作詞家と作曲家の家族の方(どんな関係だったかな?)・・・ボイスレコーダー欲しいです。25_226_227

ワンちゃんもおとなしく聞いていますね。

28携帯もカメラ付で便利です。29

アルパクラブの演奏が始まりました。3031

子供連れの家族にじっちゃん、ばあちゃん。

のどかな安曇野です。お昼をはさんで舞台はあづみの公園へと移りました。

なお、あづみの公園では5/4に早春賦音楽祭が開かれます。入園料は無料ですよ。Img_0007Img_0008

チェリッシュがゲストで来るようです。

奥裾花自然園(4/28)

☆注☆ 写真沢山なのでクリックしてご覧ください。

鬼無里(きなさ)という山里を知っていますか?白馬と戸隠の間に位置するちょっとした秘境ですが、実はこれまで訪れた事がありませんでした。信毎の北信欄を見ていたら27日に開園したとあったので行ってみる事にしました。安曇野からは白馬経由で約1時間半。途中、峠越えの国道からの白馬の風景確認も目的のひとつです。

001右が100名山の高妻山です。奥裾花(おくすそばな)自然園にいたる道の途中からよく見えます。003

堂津岳でしょうか。妙高はもっと奥の方で手前の山が邪魔で見えない。002

"がぉ~"というよりどことなくもの悲しそうな表情です。おばあちゃんがふたりで切り盛りしているお店の山菜蕎麦は山菜山盛りでした。今日は行者ニンニクの卵とじをサービスしてくれましたよ。

さて、奥裾花自然園へは白馬から長野に抜ける国道406号線からひたすら山里の道を上っていきます。途中で入園料¥400を払います。ここからさらに20分ほど走ります。途中行きと帰りで道が異なる部分があります。道は細いし落石の危険もあるので路駐禁止。でも所々広場があります。01

車はここまで。ここから自然園入口までシャトルバスに乗り換えます。徒歩でも20分ほど。当然自遊人は歩きです。02

ほとんどが車道歩きになります。03

標高差で100m程度。のんびり歩くとふきのとうとか小さい花が結構咲いています。04

自然園入口のバス停。シャトルバスもここまで、この先まだしばらく車道歩きが続きます。05

沢筋はまだ多くの雪が残っています。でも雪の下には水が流れています。06

こんな具合。雪解けの水は当然冷たいです。070809

戸隠連峰。西岳。

戸隠山というと「蟻の戸渡」という難所があります。臆病者の自遊人はこの直前に足がつってここはまさに蟻のようにはって歩きました。(ガスで両側の谷は見えなかったのだけど・・・)10

自然園の本当の入口です。11

見える山へ登る登山口。雪で覆われています。12

でも、開園したての自然園も雪に覆われています。13

そう言えばお目当ては何か言ってませんでしたね。14

水芭蕉です。一番大きな今池湿原だけ回りました。奥にはこうみ平湿原とかモリアオガエルやクロサンショウウオの生息する吉池、ブナの原生林もありますが、まだ雪の中です。1516171819

ざっとこんな具合です。開園したてなのであまり咲いてませんが、連休中にはもっと花が開く事でしょう。20

またまた戸隠連峰。手前の斜面が激しく削られているように見えますが、この一帯は2000万年くらい前は海だったのです。21

ブナの原生林。新潟との県境付近にはブナの原生林が多く見られます。22

奥裾花渓谷2324

この渓谷沿いにはいたる所で化石が見られるそうです。第三紀頃の堆積岩だそうですが、この写真に見られるような断層が糸魚川-静岡中央構造線付近の地殻変動のすさまじさを物語っています。25

奥裾花ダムの所は行きと帰りで道が違います。26

桜が少し咲いています。下るほどに咲く数は多くなります。

さて、鬼無里をあとに再び来た道を引き返します。27_2

国道406号線途中の峠からの白馬連峰の眺め。昨日に引き続き雲が多いです。28

白馬村麓に下りてきました。桜が綺麗に咲いています。29

この花はなんという名前でしょう?30

白馬から長野へ向かうオリンピック道路途中に広場があります。以前はよく使いましたが、今は通る事がありませんが桜と白馬のコラボが良い場所です。まだあまり咲いてませんね。31

かわりに・・・といってはなんですが、畑の大敵、雑草軍団と白馬のコラボ。ホトケノザもこうやってみるとかわいいです。

今年はあまり連休って感じではないですが、天気はそこそこ良さそうです。でもちょっとバタバタしそうな一週間になりそう。今朝はいつも以上に(勤めてた頃並)早起きです。

逃げる合鴨、じっと動かない鳥

今日の安曇野は朝から断続的に雨が降っています。おまけに寒いです。12時のアメダスデータでも約8℃。数日前は25℃近くだったのですごく寒く感じます。

聖火リレーの行われていた長野は後半少し降ってきたようですが、なんとか天気がもったようですね。

さて、先日(4/19)のこと、水田にrestaurantうまそうrestaurantな合鴨がいました。001_2

が、カメラを向けたとたん、危険を感じたのか飛び去ってしまいました。

08

遠くに白鷺が沢山居ますが、中に全く動かない立派な鳥がいるように見えます。200mmの望遠レンズではよくわかりませんでした。精巧な案山子じゃぁないよねぇ。

騒然としている長野をよそに安曇野は今日も静かです。ところで聖火はまた羽田に行くのかな?松本や富山とか使えば警備の費用も安くてよいのにねぇ。(松本じゃ滑走路短くてあの専用機は離着陸できないかな?)

馬と桜(4/19)

11安曇野スイス村では馬に乗れます。眺めていると一頭こちらへやってきましたよ。12

邪魔な線だヒヒィ~ん。この後ワイヤーから首を出しました。13

桜をバックにcameraannoy。自遊人に何か言いたげです。14

この馬は最後まで一言もしゃべりませんでした。おとなしいお馬さんです。

ここは白馬方面から長野道・豊科ICへ向かう途中にあり、観光バスの立ち寄り場所にもなっています。ドライブインと「銀座ライオンbeerがあります。ちなみに都会のライオンと違って、夕方6時に閉店します。

聖火が長野にやってきましたが、安曇野はいつもと変わらず平和です。ただ、陽がささなくて寒いです。

見物人はいたのか?

01_3先日、こんなチラシが入っていて驚きました。近所のスーパーでの催しです。

「本物のおサルさん・・・」とありますが、どんな猿だ?02_2

自遊人思うに”こいつ”が本物のお猿さんです。ハンドパワーで花を咲かすどころか、この花をrestaurant。この後、先日荒らした我がhouseの畑にまっしぐら。(餌場を学習してますね)

隙間を見つけて侵入したところで、自遊人出撃。しかし逃げ足も速く、別の隙間を一瞬で見いだし逃げたのでした。(隙間だらけの囲いですが、理由はあります)

少しも楽しくないよ!本物の猿は!

お金出して見に行った人には申し訳ないけど、正直な話です。大勢のお猿さんを見たかったら雨上がりの晴れた日、山麓線を散歩すれば高い確率で遭遇します。

出た~vs自遊人。「ギャァ~」という両者の叫びと共に戦いは続く。

安曇野の春<その8>-扇町桜堤・光城山(4/22)

cherryblossom 少し散り始めましたが、なんとか間に合いました cherryblossom

01豊科からあずみの公園に向かう道の途中にある名所。夜は提灯がともされます。

カメラマンの数が多い。「路肩にとめるな。公民館駐車場を使え」なる役場の看板があるけど、場所の案内はなし。02

朝は人がたくさんいましたが、午後は絵を描いている人以外はいなくなりました。北アルプスの撮影は朝が勝負です。

そして4/22の光城山。ほぼ桜は頂上まで到達したようです。03

登山道に植えられた桜が日に日に登っていく景色は安曇野の春の楽しみですね。

日中25℃近くまであがる日が続いています。山小屋もGWに向けてオープンの準備中。今日もヘリが飛び回っています。

3日続いた好天も今日まで、明日は雨の予報です。気温も一気に下がるようです。

安曇野の春<その7>-撮り直し!

「今年は天気に恵まれねぇずら」とあきらめていたところ、朝から良い天気。急遽予定をほかして、カメラを持って出かけました。01(4/21)

前回からの続きでも訪れた堀金物産センター横の菜の花畑。こいのぼりが常念・横通をバックに気持ちよさそうに泳いでいます。02

一面の菜の花。花が終わると菜種油をとって、ひまわり畑となります。03

菜の花のアップ。風が強いのでピントが合わない。

平日にも関わらず、多くのカメラマンで賑わっていました。物産センター併設のお食事処も行列が出来ました。04_2

穂高川沿い。桜を入れるためにいつもと反対側の岸から。こちらは砂利道ですがMTBbicycleはどこでもへっちゃらです。05

ちょうど早春賦の碑のあたり。桜が風にあおられて舞っていました。06

爺が岳と鹿島槍をバックに。目をこらすと飛んでる花びらが見えますよ。07

GAC穂高工場(自遊人の元勤めていた会社のお客さんの1社です)横。チューリップや水仙も綺麗に植えられていました。08

餓鬼をバックに。

在職中、ここへの出張は一度もなかったのです。だいたい松本も1回だけ。名古屋へ行くより時間のかかる不便な場所です。09

山麓のhouseに近づいてきました。

日中20℃を超えた昨日の安曇野。予定の写真を差し替えてアップしました。

<付録>リクエストにお応えして001x

4/19の光城山桜並木の登山道です。今日中には頂上まで到達しそうです。

安曇野の春<その6>

<その5>の続き。10山茱萸(さんしゅゆ)ですかね?11

わさび田と桜12

三葉ツツジかな?1314

大王わさび園に至る道から穂高駅方面を望む。常念から蝶の稜線はうっすらしか見えません。

良い道なんだけど途中で細い道になります。農道が国道より立派な安曇野です。天気が今ひとつなので、このまま堀金方面へと向かいました。

次回は物産センターの菜の花を見に行ったのですが、急遽新しい写真に差し替えてアップします。

安曇野の春<その5>-早春賦の碑と桜

06<その4>の続き。穂高川沿いの桜並木07

わさび田と桜08

濃いピンクに縁取られてかわいいです09

早春賦の碑です。太極拳をやっている人達がいました。間もなく向こうから観光タクシーがやってきました。

土手沿いのこの小道はよい散歩道です。自遊人はbicycleでわさび園方面へと向かいます<その6>へ

安曇野の春<その4>-穂高の桜

今日は久しぶりに山が見えます。でも麓の桜は散り始めています。

今日は先週撮影した花曇りの穂高の風景を分割して<その6>までアップしますよ。

01有明山と。後ろの燕の白い尾根は空とコントラストがなくてよく見えませんね。02

かじかの里。川のそばでキャンプも出来ます。芝生の上にタンポポが咲き乱れています。03

同じくかじかの里。視点を少し変えて見ました。0405

後ろの雪景色の常念山系が霞んでるので今ひとつ。

→<その5へ>

安曇野の春<その3>-松本城の桜

今夜まで開かれている松本城の夜桜会を見に15日の夕方訪れました。当日の来場者数は6500人だったとか(どこで数えてたのかな?)。翌16日にNBSのかわいい大谷アナが中継してました。(くそぅ!惜しい。前日の同じ時間にはいたのになぁ)

01_4夕日が松本城にあたっています。02_3

桜に当たっる陽射しは弱いのでいまいちだなぁ。03_2

本丸庭園の夜間解放は5時半からです。04_305_3

上の方にポツンと見えるのが月です。06_3

鳥が蜜を吸うのでしょう。ポトポト落ちてきます。散っているのではないですよ07_3

陽が北アルプスの峰へと沈んでいきます。08

開門しました。入口近くにあるしだれ桜。ここも撮影人気スポットです。6500

少し風があります。一番の人気スポットなので、カメラマンだらけ。三脚の立てる場所がなく退散。09

少し離れたところから。舞台の上では音楽や踊りが披露されています。10

先のしだれ桜。家族連れが何組も記念撮影をしていました。11

少し月が離れてます。

お茶席とか豚汁の出店とかが出て賑わっていましたが、夕方になっても暖かくお花見宴会日和でした。12

気温差があるせいかいつも風があります。松本城の桜は散り始めています。上田城や高遠は満開。長野・城山公園は雨で散り始めていますが、飯田は三分咲き。

次回は穂高の風景を三部に分けて一気にアップします。

安曇野の春<その2>-穂高神社

17日から降り出した雨は強弱繰り返しながらずっと降り続いていましたが、ようやくやみました。でもまだ厚い雲の下です。菜種梅雨かな?

この雨で散り始めた松本城の桜。4/15に夜桜を見にtrainで出かけました。その前に少し早めに出て穂高神社に寄りました。01_2

kiyoさんの記事で丸見えの本殿(手前に拝殿があるのですよ)を見て、是非cameraに納めたいと思いました。02

来年の大遷宮祭のため拝殿は建て替え中。一応仮設の拝殿はあります03

こういってはなんですが、やっぱり有り難みが薄いな04

桜も満開です05

ボケ06_207_2

陛下(いつのか忘れた)が植樹された木蓮。

さて、trainが到着したので松本城へrun

安曇野の春<その1>

立山黒部アルペンルートをアップしている間に安曇野の春は順調に進んでいます。松本城の桜もすでに雨にうたれて散り始めました。

☆4/15に我が家のソメイヨシノが開花しました☆01

翌16日も暖かく、他の蕾もアッと言う間に咲きました。

まだ木が小さいですが、housespaつかりながらcherryblossom花見bottleが楽しめる日が楽しみです。

安曇野の春シリーズ。次は穂高神社の様子をアップします。お楽しみに~paperhappy01

立山黒部アルペンルート ラスト(大観峰編)

300いきなりトロリーバスのおしりです。電気ここからとってるんですねぇ。301

さて、途中大観峰の展望台に立ち寄りました。ここからは後立山連峰がよく見えます。302_2

眼下に小さくダムが見えますね。303_2

湖も見えます。304

写真下の方、固まりが見えるところは雪崩の落ちたところです。上から見てるだけでも恐ろしいです。この日の午後、近くの爺ヶ岳でスキーをしていた人が一人雪崩に巻きこまれて亡くなられたのです。305

すごい雪の壁。上から落ちてきたのでしょうか。展望スペースが完全に埋まってます。306307

すごい雪崩の跡です。

でもこんな所を滑り降りた人が・・・308_2

写真左側の方、よく見ると一筋のボーダーが滑った跡が見えます。309

この樹林帯はロープウェイからは斜度がわかりませんが、滑れないようです。先のボードの人の歩いた跡が写真中央あたりに見えます。310_2

立山の主峰・雄山。ケーブルカーに乗る前の待ち時間に最後の雄姿を見せてくれました。311312

ガスが流れてきました。実は黒部湖からも雄山は見えるのですが、着いた時にはすっかりガスに隠れてしまったのでした。

この後、ダムの堰堤を歩いてトロリーバスに乗り換えて扇沢へと戻りました。

このトロリーバスが走るトンネルの中に富山県と長野県の県境があります。そう、ここの観光地はほとんど富山県なのですね。だからお店で売ってるおみやげも富山名物ばかりなのです。

立山黒部アルペンルートの室堂から扇沢区間は不満が多いです。乗り換えが多いのは仕方ないとしても ①高い。往復で\8000以上かかる ②始発が立山側より遅い。雄山とか登るには不便 ③途中、扇沢側に歩くトンネルの一部が室堂側に比べて暗くて陰気くさい。 そして何より高齢者や障害を持つ人にやさしくない。階段とか多いのにエレベーターは長野県側の扇沢だけ。そういう人は富山側から入り、富山側へ戻れという事でしょうか?大都市圏から遠い北陸地域や宇奈月温泉集客のためかな?

長々と続いた立山黒部アルペンルート編もおしまい。本日全線オープンですが、部分オープン日同様雨になりそうです。

立山黒部アルペンルート Ⅳ(室堂編No.3)

200下りは少しルートを変えて歩きました。アイゼンとか使わないので新雪ののった沈みやすい斜面のほうが歩きやすいのです。201

はるか上に人が見えますね。登りはあんな所を歩いていたのです。202

下りはあっという間です。203

滑って降りたら気持ちよさそう204

雄山が白く輝いています。このあたりまで来ると嘘のように風が無いです。今度は陽射しが強くて暑い!205_3

平らになってきました。午前中に比べると雪が緩んでうっかりすると足が埋まります。206

この窪んだところは谷ではないですよ。夏場は池があるのです。真ん中あたりをよ~く見ると少し水溜まりが見えます。208

この建物は宿泊できるみくりが池温泉。そう、ここは小屋で温泉に入れるのです。歩いていると硫黄の臭いがプンプンします。207

左側にちょろっと見えるのが劔岳。新田次郎の劔岳<点の記>が映画化されて来年ロードショーが始まるようです。ポスターが駅に貼ってありました。209

お昼riceballはこの広い雪原の真ん中で雄大な景色を見ながらいただきました。

さて、いよいよ素晴らしい眺めともお別れ・・・でもまだ最後にもう一箇所展望の良いところがあります・・・>run 大観峰編へ run

立山黒部アルペンルート Ⅲ(室堂編No.2)

100_2101_2  アルペンムード満点。少しカナディアンロッキーの雰囲気もあります。102

思えば遠くに来たもんだ103

でも先もまだまだ。これから最後の登りがきつい。104

空を旅客機が飛んでいます。105

一面の青い空と一筋の飛行機雲。106

遠く日本海の方は雲海が広がっています。それまで穏やかでしたが途中から急に風が強くなりました。標高、山の位置で風の強さは大きく違います。

そしていよいよ一乗越につきました107

北アルプスの峰々が広がります。写真からは伝わってきませんが風が冷たくて寒い!108

お馴染み、どこから見てもはっきり目印になる「槍ヶ岳」です109

笠ヶ岳。白い円錐形の山容が綺麗110_2111112

とにかく風が強くて寒い!113

小屋の1階はすっかり雪の下です。山ボーダーが風を避けて滑走の準備をしていますよ114

中央に見える黒いものは何でしょう。実はこの下にトイレが埋まっています。屋根の一部が見えているのです

時間的にちょうどお昼にしたいのですが、とにかく寒いのでとっとと下山することにしました。--->run 室堂編No.3へ続く run

立山黒部アルペンルート Ⅱ(室堂編No.1)

立山側から入ったスキーヤーの方が亡くなられたそうです。この日は近くの爺ヶ岳でも雪崩で一人亡くなっています。帰りがけに見かけた登山口に止めてあった車の中の1台の方なのでしょう。痛ましい事です。

さて、まずはこのコースの見所、ロープウェイからの眺めです。01_2

画面中央やや左の白いところが黒部湖ですよ。02_2

ガスの中から下りのロープウェイが見えてきました。03_2

雄大な景色もガスがかかってよく見えません。山の向こうは晴れてるかなぁ?04

大観峰の駅から。このロープウェイは途中に支柱が1本もありません。05

室堂の駅。実は富山県立山町側からは17日開通。「雪の大谷」で有名な部分が除雪中なのです。だから立山へ向かう改札はやっていません。06

それにしても人がいませんね。ここはシーズン中は人であふれかえっています。だから普段はこんなにのんびりと準備なんか出来ません。

準備して建物から出ると・・・07

こんな素晴らしい景色が待ちかまえていました。08

除雪車の通った先に人影が少し見えるだけ。09

今回は立山の主峰、雄山(正面に見える山)は登りません。10

駅が小さくなってきました。12_2

雨で融けたり風が白い雪面にいろんな模様を作り出しています。1113

17日のオープンに向けて宿泊施設を掘り起こしています。14

機械の動く音が聞こえなくなると、後は風の音しか聞こえません。15

綺麗な筋が遠くまで続いています。16

谷もすっかり雪に埋もれています。17_2

さて、目指すのは左の山の斜面の下の平らな所、よ~く見ると建物が見える「一乗越」という所です。まだまだ遠いなぁ

ここは片斜面で歩きにくい。実はアイゼンとかスノーシューとかつけてないのですよ。でもつけるとかえって歩きにくいです。(帰りにつけてみて実感)

しばらく行くと最後の急登があります・・・>run 室堂編No.2へ続く run

立山黒部アルペンルート  Ⅰ(扇沢→黒部ダム編)

今月10日に扇沢→室堂間が開通した立山黒部アルペンルート。土曜日に日帰りしました。今回は黒部ダム編。01

ほぼ全面結氷した黒部湖(ダム)。見るのは初めてです。02

今が一番水位の低い時期です。これから雪解けが進むと斜面の白く雪がついているところまで水が溜まってきます。

シーズンは人で溢れているダムですが、予想以上に訪れる人が少なくひっそり。神秘的な風景を静かに楽しむ事が出来ました。

扇沢から室堂へはトロリーバス→foot→ケーブルカー→foot→ロープウェイ→foot→トロリーバスと沢山乗り継ぎが必要です。いつもは整理券が必要なほど混み合うこれらの乗り物もガラガラでした。03

ひょぇ~吸い込まれる~~run 次回室堂編へ続く run

松本城の桜

D1000002昨日の夕方の松本城です。来週、お城の庭の無料開放があるので、お目付け桜夜桜を撮りに行ってきま~す。

やまたみの登山学校が始まりました。机上講習と実地講習の組み合わせで、いろんな所に出かけるので楽しみです。生徒さんは遠くは南木曾や駒ヶ根からと長野県内いろんな所から集まりました。下は10歳から上はうん十歳のおばあさんまで・・・coldsweats02

今日はこれから立山・室堂散策です。夜は家で宴会beer

土留めが出来てきました

☆ 松の木とアルミを使って土留めが出来ました ☆0102

家を建てたところは赤松林でした。切り倒した際になんかの役に立つだろうと思って2m位の長さに切ってもらって置いといたものです。

オンリーワンのセルフビルドは時間がかかりますが、ようやく形になってきました。さて、何を植えましょう。北側で冬は陽が当たりません。

よく降る

011ザーザー降ってた雨は午後になって小やみになりました。

雨が降ると忙しくなる仕事はないかなぁgawk。ポムドンイ(←写真のクマさん)も閑そうです。

長野の中部・北部からも桜の便りが届くようになりました。

庭の梅が咲いたよ

01ようやく咲きました。陽当たりが今一だし寒いので遅いですね。

昨夜からの雨も朝には上がり薄日も差してきました。山は標高1500m位から上が雪だったようです。

02

庭にはよいお湿りになりました。パンジーの花も喜んでます。

ところで子供さん達からもらったパンジーは暖かい室内に置いてあったのですが、急に元気がなくなったので「どうしたのかなぁ」とよく見たら、アブラムシがわいてましたcoldsweats02。慌てて外に出しました。卵があったのかな?

春爛漫

今日も穏やかな一日です。 kiyoさんのブログを読んでいたら早春賦の碑からの景色が出ていたので自転車で出かけました。01

自転車道からの有明山。まだ爺ヶ岳の雪型は見えませんね。happy01

早春賦の碑は千客万来。駐車スペースがないほどです。徒歩で来る人、子供連れの人と多くの人で賑わっていました。0405知った顔も見かけました。0203

手前の山が邪魔だな。それでも雪をかぶった常念はよく見えます。

訪れていた人はほとんど地元の人のようです。早春賦の碑は安曇野では有名ですが、公共の交通機関もなく徒歩か自転車。しかも地図を見ないと何となくしか場所がわかりません。観光地化する必要もないですが、団体客を呼べる工夫は必要です。

帰りがけに先週訪れた「チヂミのハセガワ」さんに立ち寄りました。お客さんがいなくて暇なので午前中はアルバイトに出かけています。ちょうどついた頃(11:30)バイト先から帰ってきました。

ほんとにチヂミとごはんとキムチしかないですが、これは食材が容易に手に入らないためのようです。おばさん一人でやってますが、とてもアットホームな感じで良いですよ。

山麓線から「森のおうち」「小岩岳」さんとかある林を抜けると開けて田んぼが広がります。少し進むと右手に「そば処栄作」さんの看板と並んで「チヂミのハセガワ」さんの看板があります。矢印に従って道を進むと右手に畑の中の小屋みたいなのが見えます。なお、出かける時は電話(090-9953-4362)して訪れると良いでしょう。

クリスマスローズ

新聞でクリスマスローズが見頃をむかえたとあったあずみ野花園に立ち寄ってみました。010203

正直言って今一でした。見ていたどこかのおばちゃんも同様、「もっと咲いてるのかと思った」

せめて買って帰ろうかと思いましたが、ほとんど予約済でしかも結構良い値段なのでやめました。

大王わさび園の春

03山葵の花が見頃を迎えました

02

大王わさび園の山葵の花が見頃を迎えました。昨年はおひたしにしましたが今一だったので、今年は天麩羅にすべく一束買ってきました。01

木々の芽吹きが少し進んでいます。近所に鷺の巣があってギャーギャーうるさいです。040506

梅の花も見頃です。ホ~ホケキョ。うぐいすの声も聞こえていました。10

橋が新しくなりました。この奥に小さな洞窟があります。右に行くと岩魚茶屋があり、美味しい岩魚の塩焼きと山葵ビールがいただけます。080907

北アルプス・常念山系もよく見えています。

ヒェ~ 蜂の巣だぁ~11

でもよく見ると妙な穴が開いてますね。12

望遠で暗いのでぶれてますが、小鳥の巣になっていました。

桜の花が咲いてました13cherryblossom

陽当たりが良くて暖かいのでしょう。

やはり我が家の辺りより春が進んでいますね。

古すぎるBGM

今日は日記のネタがありません。春スキーと庭の開墾で腰も痛い。まあ、平和というかなんというか・・coldsweats01

そんなわけで先日の土曜日の出来事を書きとめることにしました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

”島田奈美(本名:島田奈央子)”さんという人を知っていますか?

昭和60年代にアイドルとして活動していましたが、ある時急に辞めちゃいました。ネット検索してみると、まだ地道に活動しているようですね。☆ 公式ホームページ ☆

土曜日の朝、有明のとあるスーパーまで散歩がてら買い物に行きました。お店で買い物していると、なにやら聞き覚えのあるへたくそな(本人&ファンの人、見たらごめんなさい)歌がかかりました。たぶん有線でしょうが、以前スキー場のBGMでかかっていた地元ラジオ局のニュースにつぐ衝撃!かかっていたのは島田奈美さんの「負けないで片想い」って曲。さすがに曲名は忘れていましたが、家に帰って探し出しましたよ。0001

写真はファーストアルバムのLPジャケット。シングルCDもあった気がします。ちなみにシングルベストのCDも持ってます。学園祭コンサートの写真もあります。(※自遊人はカメラ小僧ではありませんよ)

こんなマイナーな昔の曲が流れるスーパーも珍しい安曇野です。(知ってる自遊人も珍人coldsweats01)

大王わさび園の山葵の花、あずみ野花園のクリスマスローズも見頃らしい・・・天気が良かったら出かけてみます。

今シーズン最後のスキー

05昨日雪が降ったようなので今シーズン最後のスキーに行きました。でも風が強かったせいかほとんど飛んじゃってあまり新雪は積もってませんでした。10_2

頂上に行くリフトはいつも中々動きません。八方尾根へ登る人は待ってられなくて登っています。06070809

白馬三山と五竜・鹿島槍。あまりのんびり写真をのんびり撮っていると雪質が悪くなるので、せっせと滑りました。04

それでも兎平から下はザクザク。ゲレンデベースはどこも土が見えてます。この時期だからこんなもののようです。下山の時には土の出ているところを避けながら、重い雪を滑るので疲れる。0203

八方もスノーボードパークが出来ました。午後から大会があるようで、若者が集まっていました。

おじさんはやっぱりスキーですね。この時期の平日のスキースクールはマンツーマンです。でも来シーズンになったら忘れちゃうなぁ。

ポッポッポ~

040503庭を鳩が餌を探して歩いています。昨日の朝降っていた湿った雪は昼にはやみました・・・

・・・でも今朝は・・・02

また雪降り。昨日はカミ雪でしたが今日はシモ雪。あっという間に白くなっていきます。01

植えたパンジーも寒そう。標高の高い山では新雪が降り積もっているようです。

またスキーに行かねば・・・。

ガソリン下がりました。再値上げの際に不正に貯蔵しないように呼びかけていますが、ちょうどゴールデンウィークにあたるので無理かもね。

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト