« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

今朝の安曇野

みぞれが雪に変わりました。0102

明け方まで雨やみぞれでしたが、その後雪に変わりました。03

今年の3月は氷点下の日が少なく、日中20℃近くまで上がる日が多かったので寒く感じますが、山はまだまだ雪が降るのが普通です。

値上がりの春。懐も寒い。ただでさえ払いたくない税金が政争のネタにされて、こんな人達のために働いて税金を払うのが情けない。

つくしが顔を出しました

土曜日の朝、スーパーに買い物があったので散歩がてら出かけました。途中、道端で土筆を見かけました。01_202_2

まだ摘み取るには小さいし、数も少ないです。山に近い田んぼの畦にはまだ出ていません。もうしばらくrestaurantは我慢ですね。03_2

途中、水仙がたくさん咲いていました。 写真だと大きさがわかりにくいですが、小さいです。

家に帰る途中に「チヂミのハセガワ」に立ち寄ってみました。04_2

あいにくお店のおばさんは不在でした。まわりをウロウロ観察していると近所のお兄さんが「珈琲飲んでいかない?」と声をかけてきました。急いで帰る用もないし、ご厄介になることにしました。通称「くまさん」と呼ばれているこの方、万水(よろずい)川でラフティング観光をやっているそうです。ホームページはココ

人手が欲しいそうでメール交換して帰ってきました。いろんな形で少しづつですが、知り合いが増えてきました。

ところで肝心のチヂミ屋さんのお味は今回確認できなかったので、近いうちに食べに行ってレポートしますね。

1文字題名シリーズ。締めくくりは3時のおやつを食べに現れた猿軍団08

みんなで餌を探しています。07

そこのけお猿が通る。道路を横断中。01

♪見上げ~てご覧~♪04

二匹の子猿。いたずらの相談中です。02

指をおしゃぶりしています03

否、奥歯にものが挟まったので”シーシー”しているようです0506

「ちょっと高いかな~」「ええぃ思い切ってジャ~ンプ」0910

・・・誰も見てないわよね・・・ちょっと失礼・・・

庭の柵の外に試しに植えたキタアカリ。掘り起こすか様子をうかがっていた自遊人ですが、ほどなく見張りの猿に見つかってしまいました。「ウギャギャギャ~」みんな一斉に逃げていきました。

やはり隠れん坊は猿にはかないませんね

あっという間に咲いてしまいましたFuki

庭にたくさん出てきましたが、花が開いてしまっています。

平年並みの気温になりましたが、今まで暖かかったので寒く感じます。

正確に言えばかな?0001

我が家の庭は①表面に腐葉土、その下は②小さな石で構成された少し固い層、さらに③写真のようなサラサラの砂の層が約1m、その下は④砂利です。砂利がどの程度の厚さかはわかりません。なにせ掘るのは人力ですからねcoldsweats01

②の層は結構固いですが、この層をぬうように笹の根がはびこっています。③の層は栄養がないようで大きな木の根しかのびていません。生ゴミはこの③の層に腐葉土と混ぜて埋めています。

今の時期は腐葉土の中にコガネ虫の幼虫がよくいます。カブトムシの幼虫なら良いのですが、コガネ虫ではしょうがないのでまた埋め戻しますが、やはり駄目なようですね。そんなわけで我が家にはコガネがたまりませんsad。朽ちた木の根とかにはよくヤスデがいます。ムカデやゲジゲジもいますbearing。去年はスズメバチが出てきましたcoldsweats02。今の時期は寒いので嫌な虫も動くのが鈍くて退治しやすいですね。

久しぶりに猿軍団が来ました。また子猿が増えています。明朝は久しぶりに雪(か雨)の予報です。せっかくパンジー植えたので積もらないで欲しいです。"猿"と"パンジー"の写真で"チンパンジー"は撮り損ねました。

今日は午前中一時どしゃぶりrainでしたが、その後sunが出てきました。でもまたcloudになりました。寒く感じますが、これでも平年並かやや高めです。

今年はキタアカリを植えようと庭を拡大してます。お猿さんは芋掘りするかわかりませんが、網で囲んだところ内側と外側に植える予定。芋は保存も利くし煮ても焼いても良いので便利な食材です。

春休みschoolに入ったので近所でも子供や学生の姿をよく見かけますが、今日は畑を耕していると子供を二人連れた夫婦?が訪れました。なんだろうなぁと思って見ていると聖書の勧誘でした。子供連れは珍しい・・・

忙しい・・・

今朝は天気が良かったので洗濯に片づけと大忙し。期末でやり残したことも多いし、来年度の計画もたてないといけない。3月に入って予想外に急に暖かくなったので、家の内に外にと春の準備で手が回りません。

今週はの手でも借りたいところですが、最近やってきません。いい事なのか悪い事の前触れか・・・

追伸 ・・・ 昨日NHKで放送した本田美奈子のボイスレターは久しぶりに泣けたよ

早春の上高地

Dsc00008昔は人を寄せつけなかった冬の上高地も、今や多くの観光客が訪れる時代に入りました。もちろんバスでトンネルを抜けて入れるわけではなく、人力のみですが、道具の進歩と趣味の多様化は限られた人の聖域をも変えつつあります。Dsc00001Dsc00003

この週末は上高地へ泊まりで行ってました。写真は土曜日の大正池からの穂高連峰と焼岳。穏やかで日だまりはとても暖かでした。直射日光の下では温度計も25℃を示すほどです。Dsc00015

明神岳。麓に穂高神社奥宮があります。ここから少し歩くと川に吊り橋がかかり、その先にたたずんでいます。

冬は旅館やホテル、売店といったものは一切やっていません。唯一徳沢まで行くと冬期小屋があります。でもぶらりと訪ねて泊まることは原則不可。予約が必要ですし、自炊が基本です。Dsc00022

徳沢泊まりの楽しみは満月の夜のナイトトレッキング。この景色が月明かりに照らされ、白い雪が輝いて見えます。雪がだいぶ融けてしまっているので輝きは今ひとつ。恵まれれば翌朝のモルゲンロート(朝日で赤く焼ける)も見られますが、今回は条件が揃わず見られませんでした。

そして凍り雪で覆われた広い川をスノーシューで歩き回る楽しみ。林や湿原ももちろんですが、無積雪期には絶対味わうことの出来ない楽しみが冬にはあります。

こんな楽しい雪の上高地ですが、訪れる人の増加と共に心配なのは。河童橋の欄干の上や河原の上とわがもの顔で歩き回っています。そしてその糞の多さには驚かされます。Dsc00038

さらに痛ましいのは、至る所で木の幹や枝の皮が剥ぎ取られていることです。低い位置ではないので猿の仕業に違いありません。これでは新緑の季節が心配です。天敵がいないのでしょう。どんどん増えているようです。上高地も本気で対策が必要なようです。

鳥!<江の島・鎌倉番外編>

04飛ぶ姿は優雅ですが・・・15_2

沢山だとやはり・・・2120

09_2

看板に偽りあり・・・花の写真。むらさきだいこん?結構増えます。

自家用車とバスと電車を乗り継いで約5時間。新宿経由でどうしても時間がかかる。電車だけならもっと早くて便利だけど高い。

平日にも関わらず多くの観光客で賑わう湘南に対して、松本平は移動コストが下がらないと観光だけでは食っていけない気がします。安い高速バスは家族連れや出張者にも人気です。

春を探しに江の島へ(その2)

湘南にきたけど天気が悪いのであまり海の写真はありませんが・・・・・16

ヨットハーバー。1213

 大学や個人のヨットやクルーザーが沢山並んでいます。1417

 こんな所に住んで休みの日はクルージング。僕かぁ幸せだなぁ。山も好きですが、海はやはりいい。でも海の似合わない(体型の)自遊人です。1819

 心地よい風が吹いています。青い空に青い海でないのが残念。23_4

海辺のマンション群。どんな人が住んでるんでしょうね。26_329

 潮干狩りをする人。平日のせいもあるけれど女性ばかりです。25_32728

 ウィンドサーフィンを楽しんでる人もまだわずか。岸壁にいる人がしゃがむと同じくして倒れ?ちゃいました。

 天気はいまひとつでしたが、幸い雨には降られず春を感じさせてくれる一日でした。

春を探しに江の島へ(その1)

電車で訪れるのは実に久しぶりです。01

小田急の片瀬江ノ島駅から江の島方面へ。・・・・・なんで、誰のための視力検査なんだろう。02_2

いつもは車で通過する江の島に渡る唯一の橋。南国の雰囲気が漂います。03_2

だいぶ近づいてきました。ここでも赤系の服の人が多い。はやりかな?

なお、江の島観光の詳細はこちらをご覧ください。05_506_2

せんべい屋さんが多くあります。たこせんべいは女性に人気です。07_208_3

神社へは天気も悪いし時間もないので登りませんでした。門のつくりがエスニック。1011

狭い路地と階段は地元の人の生活道路。足だけが頼りです。22

行列の出来るしらす丼屋さん。このお店が一番の人気でした。

つぼ焼きにしらす丼、揚げ物やさんだって魚だけです。「まいう~」なんて食べられるわけないので、釜揚げしらすだけ買ってきました。

「常温で持ち帰っても大丈夫?」とお店の兄さんに聞くと「今日は涼しいから大丈夫」とのこと。・・・安曇野から出てきた自遊人には十分暖かいのでした。

・・・・> 江ノ島の海編へ続く

いざ 鎌倉へ(その2)

04_2昨日の続き---> 八幡宮の本殿から参道の方向。オレンジ色のおばさんの集団はなんでしょう?01_3

美味しそうなビールや食べ物を売ってます。若い女性の二人連れをよく見かけました。おじさんも一緒に飲みたいなぁ。02

修学旅行でしょうか?あっちこっちで見かけました。軒先の豚の置物がかわいい。服や雑貨とおみやげ屋さんが軒を連ねています。03

「いかがですか~」人力車のお兄さんが若いふたりに売り込んでいるようです。

さて、実は鎌倉は今回一番最後に訪れたのです。用事は松本市と姉妹都市の藤沢市にあったので、江ノ島を経由して江ノ電で鎌倉へと向かったのですよ。06

”江ノ電”は江ノ島電鉄の略称です。路面も走るけど都電と違うし4両編成もあるよ。車とすれ違いはすれすれ。05_2

義経が鎌倉入りを拒まれてとどまらされた腰越。江ノ電の駅はこんなちっちな駅ばかりです。でもちゃんと駅員がいます。07

電車が入ってきました。江ノ電は人気者で至る所でcamera撮る人がいます(自遊人もそのひとりですhappy01)08_2

この電車は新型のほうです。カラフルなのからレトロな感じのに混じって、まだ車内の床がの電車も現役です。

単線ですが1時間に4本以上走っていますよ。だから各駅で電車がすれ違いますが、駅間でもすれ違う場所があります。

あるおばさんの会話「ここは先頭車両はホームがないのね」・・振り返って「あら、駅じゃなかったわ」・・「ギャハハ」・・coldsweats01 確かに東京は狭いのでそんな駅もあります。09

お店に電車がつっこんでますよ。ここは江ノ電最中のお店です。古い車両を購入したのでしょうかね。

江ノ電はこんな町の通りの中や海岸そして民家の間をぬうようにして走りますが、渋滞も関係なく地元に観光に足として頑張っています。

さて時間はさかのぼっていよいよ江ノ島へ・・・> 江ノ島編へ続く

いざ 鎌倉へ(その1)

cherryblossom 咲かぬなら咲いてるところへ出向こう cherryblossom0102

世の中、株安・円高。彼岸桜の開花にいかなご・新わかめ・・・sign02 安曇野では待ちきれないのでcamera撮りに鎌倉に出陣しましたsign03

でもあいにくのcloudで色はいまいちでした。0304白いのは大島桜です。

さすが鎌倉。多くの観光客で賑わっていました。久しぶりの鶴岡八幡宮、老若男女のカップルに学生さんやツアーの団体さん、そして外人さんで溢れていました(写真ではそう見えないですが) ・・・>続く

腐る雪<美ヶ原>・咲く花<パンジー>

前回訪れたのは3/2。それから2週間後の昨日、再び美ヶ原を訪れました。02

王ヶ頭からの松本・塩尻市街眺め。天気が悪くて北アルプス方面はよく見えませんでした。

美ヶ原の頂上こそまだ雪に覆われていましたが、それでも前回の半分以下。所々地肌も見えていました。雨も降ったのでしょうか。日がかげり表面こそ凍っていますが、下はザクザク。登山道も融けて水が流れているところもありました。今年は雪が多かったけれどその後の雪解けも早いcoldsweats0203_2

でも順調に暖かい日が続いているおかげで、先日松本でもらったパンジーの花が綺麗に咲きましたよ。松本小学校の皆さん、ありがとう。

トド出現!

01みにいパパはマイケルさんと呼ばれています。(本人はミヒャエルだって言い張ります)今日もゴロゴロしています。 ちなみに着ぶくれではありませんよ。

今日のみにいさんは少しお疲れのようでした。なかなか歩くのも大変そうです。

松本城の梅はあと一息

今日はお昼過ぎに松本に用事があったので出かけました。朝の穂高は急に雲が広がりましたが、お昼頃には晴れてきました。06

はじめ見えなかった北アルプスもお昼頃にはよく見えるようになりました。中国語を話す若い娘さん(男もいるよ。身なりからして台湾かな?)のツアーが来ていました。02

梅はまだあまり花が開いてません。01

こちらは穂高で電車待ちの間に穂高神社で撮ったもの。来年の大遷宮祭に向けて本宮建て替え工事の準備が始まっていました。03

再び松本城。お堀にいる白鳥です。ここは水深が浅いので羽を切られて飛べない白鳥さんは進むのが大変そうでした。04

「誰か遊びに来ないかなぁ」

今日はパン工房マルナカさんの開店80周年記念でアルプちゃんも来ていました。05_2

そしてこれがオリジナルの「アルプちゃん」パン。100周年記念事業は今月で終わりますが、アルプちゃんは続投が決まりました。お店の人もホッと一息。今日もくじ引きでコーヒーポットが当たりました。こちらへ引っ越してからプレゼントによく当たる。

今日はこれから山仲間とみにいパパとみにいさんがやってきます。今夜はbottleです。

とうもろこしのお茶

日本ではあまりお目にかからないとうもろこしのお茶です01

福寿草まつりの出店でティーバックを売っていたので思わず購入。右のペットボトルは済州島へ行った時にファミリーマートで購入したもの。 日本ではポテトチップが主流だけどあちらではコーンチップが沢山売ってます。

このお茶、ホットで飲むと中々香ばしくて美味しいです。焼酎で割っても美味しいですよ。見かけたら是非一度試してみられてはいかがでしょう。02

お店のパンフレット。キムチは辛くないです。

個人的には済州島の漁港に近い料理店で出されるキムチの味が忘れられない。yen安だしairplanerestaurantに行きますかね?

今日は朝から暖かいrainが降っています。雪遊びもそろそろ終わりに近づいてきました。今年は観光年の台湾、カナダと行きたいところばかりですが、遊んでばかりもいられないかな?でもパスポートも更新せねばなのでついでに海外行きたいデスね。

松本・四賀の福寿草

ここ2、3日一気に暖かくなったので四賀の福寿草を見てきました。02

陽当たりの良いところでは結構咲いていましたが、この分だとしばらく沢山の花を楽しめそうです。03_305_2

平日なので露店やスタッフ以外は爺さん、婆さんばかりです。01

雪の間からこんな風に花がのぞいてるとかわいいのにね!(そばの雪を少し花のまわりにまいてみましたbleah0406_3

♪~ブンブンブン~♪

蜂たちが蜜を求めて花から花へと飛び回っています。じっとしていないので花と蜂の両方にピントを合わすのは難しい。

安曇野の猿物語

01_305020304月曜日の午後、珍しく雨降りにもかかわらず餌を求めてやってきました。雪の下から出てきた去年の秋の食べ残しとかあさっています。

暖かくなって木々の芽吹きも始まります。新芽がrestaurantとしないための工夫は如何に?とりあえず防猿ネットを張り直し始めました。

上は寒いが下は暑い<白馬八方尾根>

八方のリフト券が当たったので5月連休までに2回行けることになりました。そこで今回は八方尾根を八方池まで登って、その後ゲレンデスキーを楽しむことにしました。05_306

頂上に行くリフトはまだやってなかったので滑って待っても良かったのですが、1番リフトに乗るべく待っていました。五竜遠見、白馬三山もよく見えています。でもなんか霞んでるなぁ。07

理由がわかりました。途中からやな感じでしたが風が強い!でもせっかくなのでスノーシューに履き替えて登り始めました。しかし風の強さは半端じゃない!typhoon02

”八方尾根”っていうぐらいですから当然尾根歩き。cameraで表現できないけど半端じゃない風です。でも頑張って池のあるあたりまで歩きました。右から天狗尾根、天狗ノ大下りで不帰キレット、ここから1峰、2峰、3峰と不帰嶮(かえらずのけん)を経て唐松岳へと至ります。01

風で模様が出来ています。ここは崖になっていて吹き溜まりになってます。池の端の小さなお社も何もかも雪の中です。0304

とにかく風が強くてまともな写真なんて撮れる状態じゃなかったですが、風の呼吸を計って写真を撮りましたよ。08

写真を撮ったのでとっとと下ることにしました。でもスキーの板をはいたり、ボードをかついで先まで登る人が沢山いました。(写真をよ~く見ると人がいますよ)09_2

登りでは気づきませんでしたが、妙な氷柱が立っていました。柱かなんかあるのかな?10_211

五竜と鹿島槍も霞んでます。13

ようやくスキー場トップが見えてきました。

風さえなければ夏よりも快適な尾根歩きに感じました。それにしても風が強い。ゲレンデトップのリフトは風で時々止まるほどでした。

でも兎平から下はウソのように風がない・・・そのかわり雪は腐って完全な春スキーです。さらに名木山のベースは暑い。雪はザクザクでどんどん腐っていました。麓の道路の温度計も10℃を超えていました。朝は雪原だった大町あたりの田んぼも帰ってきた時はすっかり水溜まりに・・・。

気温の変化に体がついて行けないなぁ・・・・・。

トンボ・・かな?

01昨日は17℃近く(アメダスデータ)まで気温が上がった安曇野ですが、トンボはいくらなんでも時季外れですねcoldsweats02 01_2

今朝の安曇野は雨になったり大きなボタン雪が降ったりしてましたが、薄日もさして明るくなってきました。

今週は最低気温もプラスの予報。春がそこまでやってきていることを感じさせます。

モルゲンロート

ドイツ語でモルゲン(Morgen)は朝を意味します

02_2昨日は湯ノ丸へ行くので朝、日の出前に家を出ました。途中、朝陽fujiに輝く常念山系の峰々が綺麗だったのでrvcarを停めてcamera01_2

手持ちなのと通りすがりなので構図はいまいちですが、白い山が朝陽に赤く染まる瞬間は美しい。

安曇野から見ると美しい円錐型の常念も、美ヶ原や湯ノ丸から見るとただの稜線にしか見えません。(撮った写真と地図をにらめっこして確認しましたcoldsweats01)

午前中、珍しく山側が晴れていて平野に雲がかかっていましたが、野生の雄叫びと共に?お昼前から陽がさしてきました。

マラソンも始まりました。今日は走るには暖かすぎかな?

湯の丸高原、再び・・・

sun本当に久しぶりに土曜日が晴天に恵まれましたfuji

前回、耳も腐る寒さで参った湯ノ丸山。今回は峠を挟んで反対側に位置する東篭ノ塔山と池ノ平をスノーシューで歩きました。 < また写真が沢山です。拡大してね >

0102

峠の両側にリフトが並ぶ湯ノ丸で唯一、奥の方にある第6リフト(フード付)でゲレンデトップに上がります。朝一番適度な斜面のゲレンデには人がいませんよ。右の写真の山は西篭ノ塔山です。0304

冬期通行止めの林道をしばらく歩くと池ノ平につきます。ここは湿原や池があり夏はお花畑です。 これから登る東篭ノ塔山へはこの林の中を歩きます。0506

青い空のもと白い湿原が広がっています。休憩所も雪の中です。0708

林の中を赤いテープに従って登っていくとやがて頂上につきます。(実は最後ちょっと間違って適当に登ったhappy01) 山頂からは360°の天望。富士山も見えます。立て看板の後ろは浅間山です。0910

北アルプスの峰々と八ヶ岳。左写真の中央にちょこっと見えるのが槍ヶ岳ですよ。目印になる山です。右写真の奥の方が南アルプスになります。11

木曽御嶽山。 独立峰で北アルプスから南へ目を移していくと乗鞍に続いて見えるのでよくわかります。1213

登りはしんどい山も下りはあっという間です。再び池ノ平へ戻ってきました。次は正面に見える三方が峰です。14_215_2

木道も雪の中。広い湿原はどこでも歩き放題です。1617

三方が峰はコマクサが群生していることで有名です。柵の右側斜面が群生地です。東に秩父・丹沢、八ヶ岳、中央アルプス、北アルプスと見渡すことが出来ます。18

写真右の方が白馬方面。北アルプスの山が全て見えます。夏場は柵越しにしかみえません。192021

たまには望遠で移した写真も・・・。槍ヶ岳とか鹿島槍は特徴があるので後から見てもすぐわかるけど、他の山はどれがどれだかわからなくなります。22

dog景色が綺麗だワォ~ン。

23見晴岳頂上。遠くに見えるのは菅平方面です。

人が入ってそうだし、まだ日も高いのでこのまま地蔵峠へと向かいました。でもすごい深雪で、埋もれたり滑ったりしながら下山したのです。

車に乗り込んだのは12時前。都合約4時間弱の行程です。天気がよいのにあまり人もはいってない。吹く風はさすがに冷たいですが、陽射しも強く穏やかな山歩きでした。埼玉の友達との山歩き。ここは両方からの中間地点で便利ですが、仲間がただのbottleばかりになり「山に登る」と言うと集まらなくなってきましたcrying。今日もふたりだけの山登り。

1・2月の気温

Temp昨夜は少し雪がちらついたようですが、日中は雲が多く風は強いけれど晴れました。

引越し前から穂高のアメダスのデータを見てきましたが、今年の2月はやはり寒かったようです。1月の初めはまだ暖かでしたが、それでもこの期間、最低気温がプラスにならなかったことがわかります。中旬からは寒さに加えて雪も多く降りました。

わかってても寒い日が続くと気分が沈んでしまいます。南の方の人が陽気なのもなんとなくわかります。でも暑すぎるのはもっと嫌です。体型がバレますから・・・coldsweats01

春はそこまで・・・

03春まだ浅い大王わさび園です。訪れる人も少なくひっそりしています。0507

橋の改修を行っています。工事は今週で終わるそうですよ。0608

山葵の花はこれからが旬を迎えます。お浸しにしてご飯と一緒にいただくと美味しいですよ。0102

冬でも凍らない澄んだ川の中で、水草は生き生きとしています。

オオイヌノフグリとホトケノザ

01_2 日陰の雪は中々融けませんが、日当たりの良いところに小さい花が咲いていました04

まだまだ風が冷たく寒い日が多いですが、確実に春は近づいていますね。

芽吹き

01去年はに食われてしまった新芽。わざわざ里に下りてきて食わんで欲しいものです。

昨日は午後からsnowが降りました。今日はsunいるけど風は冷たい。また今晩snowの予報です。日陰は中々融けない・・・

かゆいところに・・・(白鳥さんシリーズ最終回)

030405かゆい時にはかゆい。しかし水の上でうまくバランスをとっています。

白鳥と鴨さんシリーズは今回でおしまい。今日の安曇野は怪しい雲行きですが暖か。そろそろ春らしい写真も欲しいです。

美ヶ原登山

♪ 写真沢山なので暇な時にご覧ください。(写真はクリックすると大きくなります) ♪

美ヶ原なんて車で行けるじゃんと思われるかも知れませんが、冬はビーナスラインが車山までで通行止。唯一、上の小屋に宿泊すれば雪上車で送迎してくれますが、松本側からだと三城牧場まで車であがれるので、あとは人力を使えば日帰りできます。

23三城いこいの広場は夏場はキャンプ場となっています。冬場は何もやっていません。一応雪はかいてありますが昨日の積雪のためか駐車スペースは埋もれていました。

24本当はこちらから王ヶ頭・王ヶ鼻に行こうと思ったのですが、登山口はわかりますが、夏場の経験もなく、冬場は初めてなので百曲から美ヶ原の中央にでるコースを選びました。0103

野生の鹿の食害が深刻ですが、ここでも至る所に鹿の食べた跡がありました。暗いのでシャッターが早く切れない。近づくとドドド~と山を駆け上っていきます。この他に運転中に黒いカモシカを見かけました。04

鹿の糞。ここの一帯は鹿さんのtoiletのようで至る所にありました。野生動物もやたらな場所ではしないのですね。02

さて、登り初めはまだトレースもあって気楽に登っていました。05

遠景も綺麗。ところがしばらくするとトレースが突然見えなくなりましたcoldsweats02 06

冬は初めてですが、結構人も入ってると思ったのに誰もいない。踏んだ(糞じゃないよ)跡がなくて、時々スノーシューでも膝まで埋まってしまいます。0708

食糧と時間は余裕を見ていたのですが、予想以上にくたびれます。写真撮りながらゆっくり登っていると美ヶ原の稜線が見えてきました。0910

木が一本だけ見えてます。でもこ~んなに遠くですよ。2ヶ所ほどピンクのリボン(登山の道しるべ)が見えましたが、こんなゲレンデみたいな所なので一気に登ることにしました。1113

なんとか頑張って登り切るとそこには白い雪原が一杯に広がっていました。夏のtaurus牧場もひっそり。柵はほとんど埋もれています。1214

おやっ!カラフルなパラグライダーがいると思ったら、スキーを楽しんでました。後ろ向きに引っ張られたら大変ですねbleah1516

夏は快適な遊歩道も牧場も境がよく見えません。スノーモービルを楽しむ男女がいました。こんな広いところを走り回ったらさぞかし気持ちよいことでしょうね。1718

美しの塔です。遠くに北アルプスが見えます。

なんだかんだでお昼になってしまったので鐘を鳴らしてriceballにしました。風も弱くて快適。19212220

最後は北と南アルプスのズームアップ。もう少し空が青いと綺麗なんだけどなぁ。もうこれから春に向かってそんな写真を撮るのも無理かも知れませんね。でももう一度行ってみたいですね。

今回はいこいの広場から登りましたが、山荘ピリカさんから登れば多少楽できます。でも降雪後は道が辛いです。4駆は必須です。方向転換できる場所が限られている上、すれ違いもきつい。今回は美しの塔まで登り3時間(途中の広場から2時間)、下りは1時間半。スタートで別の登山口まで1時間半余分に準備運動したのでくたびれました。ちなみにこのコースだと茶臼山を周回が良いのかもしれませんね。王ヶ鼻まで行くと同じ道を往復しないといけないし、王ヶ頭や王ヶ鼻の登山口へ降りるといこいの広場まで下道を歩かねばならない。(積雪だけで景色は美ヶ原のアンテナが見えるくらいだよ)

久しぶりに人に会わない山行でした。登りはトレースをつけたし追い抜かれもしなかったので当然ゼロ。下りはそのトレースを登ってきたおじさん1名。但し、鹿の足跡多数です。

3月も雪のスタート

01去年が異常に暖かかったのですが、それにしても今年はよく降ります。土地柄、寒いのは仕方がないのですが、雪が多いのは困ります。

これからの時期は積雪しても、日中陽が長くなってきたし気温も相対的に高いので融けるのも早いですが、圧雪になっている日陰は最悪。青氷になってリンクのようです。

どんどん積もってます。悪天の週末はまだ続いています。

三寒四温・・・一度悪いパターンにあたると抜けられない・・・

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト