« 猿、漬物を食べる!? | トップページ | こけもも大福 »

北八ヶ岳スノートレッキング

今日は山仲間と雪山を歩きに行ってきました。3連休ということで北へ向かう車で朝から長野道は一杯でした。自遊人さんは長野道から中央道を東京方面へと向かいます。ちなみに新宿行きの高速バスは朝から満員で停留所にも沢01山の人がいました。

諏訪湖です。先日御神渡りの話題で耳にしたことがあるかも知れません。せり上がった氷は見えませんでしたが、広い湖が凍って雪を被っています。

02

八ヶ岳から日が昇ります。天気が崩れるので雲が多いので綺麗な朝日は望めません。

実は次の諏訪ICで降りるためETC通勤割引適用の時間調整もあります。松本から\550、半額は大きい。諏訪ICのETCレーンはスキーを積んだ車で賑わっていました。

03このロープウェイで一気に2000m以上まで連れて行ってもらいます。片道\900。スキー場ですがゲレンデオープンは朝の9時。のんびりしていますが、コースはほぼ1本しかありません。

04_205山麓駅からの眺め。0607

西や南の方はまだ見えていましたが、まもなく北の方は見えなくなりました

08山頂駅からの眺め。ここはスノートレッキングのメッカなので歩く人が沢山います。ちなみにロープウェイは通年運転。夏は箱庭のような風景が広がります。

09_3縞枯山荘。冬もやってます。ここからしばらく歩いたところから縞枯山に登ります。これが結構急です。

10縞枯山の山頂。いつも頭が痛くなるほど風が強くて寒いです。

11_212_2寒いので写真を撮ったらすぐに先へと進みます。

13樹林帯の道を進みます。踏跡がなかったらどこを歩くのかわかりませんね。

15でも木々の間を歩いている間は風を感じません。

16次に登るのは目の前に見える茶臼山です。(後でコース図出しますね)

雲がだいぶ増えてきましたが、まだ雪は降っていません。

17八ヶ岳・天狗方面。冬は稜線の小屋が閉まっていますが、夏は関東中心に多くの人が訪れます。

18茶臼山の山頂。ここから少し歩いたところに天望台という眺めのいいところがあります。

19_220写真からは寒さは伝わってこないかも知れませんが、この「海老のしっぽ」を見ればわかるとおり、風が非常に強いです。ここも写真をとって早々に退散。

茶臼山からは途中まで戻って後は下山の方向(厳密に言うと登るのだけど)です。途中からとうとう雪も降り始めたので写真はおしまい。

最後に今日のコースです。Tengmap1

ロープウェイで山頂まで行った後、雨池峠まで歩き、縞枯山・茶臼山と登って、一旦少し下って五辻まで下った後、少し登り返して山頂駅へと戻りました。他の仲間はそのままスノーシューで麓まで下りましたが、自遊人はスキーを運び上げていたので、これで下山。ちなみにロープウェイを使わず登る人も結構いましたよ。

帰りは塩尻北まで高速使って帰りました。割引は効かないけどちょっと手前だけでずいぶん安上がり。時間は大して変わりません。

家に着いた頃には道路も真っ白。すでに積雪していて今も激しく降って、どんどん積もっています。また雪かきかぁ~。嫌だなぁ。

« 猿、漬物を食べる!? | トップページ | こけもも大福 »

コメント

自遊人さんこんばんは~♪

自遊人さんはかなりの体力がおありなんですね。
地図をみせていただくと雪道をかなりの距離歩かれたようですし、家の中でお篭り状態のおりひめには想像もつかないような世界です。

山麓駅でもかなりの標高なんですね。
山頂では「海老のしっぽ」現象がみられるんですね。
雪が木にしがみついてるようです。
景色も空気も最高なんでしょうね。
諏訪湖もあんなに凍ってしまうなんて信じられないくらいです。

こちらではよく穂高のロープーウェイに乗って銀世界へ・・・のバスツアーの広告が載ります。
1度行って見たいと思っていますが
こんな景色が見られるのでしょうか?

自遊人さんお天気でよかったですね。

おりひめさん こんにちは

最近は雪の上を歩くのも人気で老若男女、多くの人と出会います。ただ、メンバーが(初めての場所で)その日の行程を知らないとか、不安なパーティが多いのも実情です。
晴れていると本当に気持ちの良いコースですが、開けている分風が強いです。樹林帯は風が遮られて良いですが、歩くたびに枝に頭や顔をはたかれます。
ツアーのロープウェイは岐阜県側から西穂高岳という山の頂上近くまで連れて行ってくれるものですね。上には山荘があって冬期も営業しています。景色は良いですが、ロープウェイのツアーは本当に「運を天に任す」で悪天だと本当につまらないものです。ただ、麓の温泉に入るあるいは高山・下呂あたりとセットが多いと思いますが、昔ながらの湯治場を楽しむのであればそれはそれで楽しめると思います。
個人的には白馬のほうが資質は優れていると思うのですが、都市圏から遠いのがネックです。長野オリンピックから10年目で記念行事が沢山開かれていますが、長野県の経営は苦しいです。もっと観光資源を生かせば良いのですが・・と思う日々です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 猿、漬物を食べる!? | トップページ | こけもも大福 »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト