« 苺大福 | トップページ | 韓国ドラマ「太王四神記」 »

榛名山(忘年登山)

03今年の忘年登山は麓にある伊香保温泉が有名な群馬県の榛名山です。この山行で今年初めて会った人もいます。01 今年は山が決まるまでに蓼科山→秩父と二転三転しましたが、結局、お馴染みの山になりました。一口に榛名山と言っても"榛名富士"と呼ばれる左の山を含めて沢山の山群からなっています。05それぞれいろんなコースがありますが、関東ふれあいの道の中のひとつでよく整備されています。

0406今回の天神峠から氷室山~天目山~スルス峠を経て相馬山を往復するコースはとにかく階段の連続です。標高差自体はそれほどないのですが、上り下りの連続。たまに岩をよじ登ったり鉄橋子があったりとスリルがありますが、くたびれます。 02

でも葉の落ちたこの時期ならではのコースです。夏場は枝に阻まれ視界がきかず、辛いだけの歩きですね。09 遠く上越国境方面(だと思う)雪をかぶった白い頂が遠くに見えます。

枝の間からは浅間山も見えました。でも予想していたより暖かく、風も弱い穏やかなハイキング日和でした。

07_210_2遠くから見ると大した岩山ではないのだけど、いざ登ると足をかける所がなくて結構大変です。左の写真で頂の左の方にポツンと見えるのが右の写真の石仏です。

 この岩の下の方に祠があってやはり石仏があります。12_2

11壁に如来像が描かれていたりします。ここに来たら急に別の登山グループにあいました。

18スルス峠からいよいよ相馬山へと向かいます。麓には鳥居があってお地蔵さんがいます。17

ここからの登りは距離はないけど大変。今までさんざん歩いてくたびれているので、登りはじめてもしばらく皆上を見上げていて動きませんでした。13でもそのうちあきらめたように登り始めました。相馬山の山頂は木に覆われていて緑の濃い時期には眺望があまり望めそうもないです。

頂上には「黒髪山神社」という近代的な神社があります。15  16

由来のかかれたものがあり、読むと「信者の浄財によって輝き給う云々」とあります。14

何度も登っているリーダーはお賽銭をあげていないそうです。・・・それで白いのか・・・ 

« 苺大福 | トップページ | 韓国ドラマ「太王四神記」 »

コメント

自遊人さんこんばんは。

暖かくてよかったですね。
あの四角い岩山に登られたんですね。垂直に思えるのですが・・。 あの「氷壁」の感じで登られるんでしょうか?
恐いですね。
立て札の下にカエルの絵、由来でもあるのかと思えば
「蛙たちも呆れ返る」はGoodですね。
それと・・・リーダーさんの頭想像してしまいました。
ウチの旦那も同じです(笑)

おりひめさん おはようございます
怖いのは高さがあってもなくても同じですね。特に下りは足場を探すのが難しいので、リーダーの指示で足をかけるのだけど・・・届きません。当たり前です。足の長さも違うんだから。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 苺大福 | トップページ | 韓国ドラマ「太王四神記」 »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト