« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

穏やかな秋の一日

010_2いつものごとく午前中は雲が多かったのですが、お昼頃から青空が広がり穏やかな一日となりました。近所のおばちゃんの話によると、今年の紅葉は例年になく色づきが良いとの事。写真は家の前からの眺め。確かに綺麗です。

今年も後2ヶ月を残すだけとなりました。ハラハラッ~と落ちる葉っぱを見ながらお茶を飲んでいると、世間の嫌な話題を忘れさせてくれます。ここで風流な人だと一句詠むところでしょうか?

まだまだ煩悩の多い自遊人はモーターショーへ目の保養?にでも行ってきま~す。

ハロウィン

日本にいても世界各地のいろんなお祭りに出会うようになりました。安曇野でも町とかにでればかわいい魔法使いとかかぼちゃのお化けに出会えます。

200710301200710302そんなお祭りも我が家にいると忘れてしまうほど紅葉が盛りとなりました。でも天気はご覧の通り。写真は長峰山のライブカメラのお昼の映像です。いつもどおり我が家のある山麓は曇っています。昼過ぎ一瞬青空が広がりましたが、すぐに曇っちゃいました。

明日で10月もおしまい。去年は11月の半ばに松本で初雪が降りました。冬篭りの準備を始めねば・・・

瑠璃工房展~安曇野アートヒルズミュージアム~

03 毎度の事ながら午前中は雲のとれにくかった山麓沿いも午後にはすっきりと青空がひろがり、穏やかな一日となりました。暖かな空気が残っていてハイキング日和。今日は安曇野アートヒルズミュージアムまで歩いてみました。02

ここは様々なガラス工芸品がいろいろ展示、および販売されています。ここの運営会社は東京に本社がありますが、最近は水も売り出しました。H.P.(http://www.tokyoart.co.jp/)で知りましたがいろいろやってるんですね。04

さて、11/4までここの1F(上の入口から入ると階段を下る)でトンボ玉の展示会をやってます。グラスアート瑠璃工房の八木先生が土日はデモンストレーションをやっていますが、まだ朝始まったばかり(デモは10時~)といRuriうこともあってか人はまばら。イケメンの竹内先生だったら人だかりかな? ちなみに、今日は安曇野の古道を歩くウォーキングが開かれていて、八木先生の奥様はそちらへ参加されてると話されてました。

01

今日はVif穂高でフリーマーケットが開かれました。本当は昨日やるはずだったものが、雨で順延になったのですが、近くでは豊里の文化祭もやってました。美味しいおにぎりができる地元のお米を5kg買ったので、リュックが急に重くなりました。昼はVifで季節の天婦羅付新そば(\500)を食べて帰りました。

運動しているのか食べ歩きしているのかわかりませんが、気持ちの良い休日でした。

雨降り

昨日から雨がじゃんじゃん降ってます。でも比較的気温は高いので山の上も雨かな?これからのシーズンに接近する台風は時として標高の高い山に大雪をもたらすので注意が必要です。

今日は近所のヤマダ電機に行って電話機をファックス付の新しいのに買い換えました。別に壊れたわけじゃないし、たまにしか使わないのだけど、今時FAXぐらいないとね。01

友達から引越し祝いでもらったテーブル。途中まで色塗りましたが、今年はこれまでになりそうです。とりあえず下地処理はしっかり塗ってあるので雪解けとともに塗る事になりそうです。(本当に塗るのかな?)

暮坂峠(10/20)-若山牧水歌碑

今日は一日雨。それでも午前中は陽の差す時間もありましたが、午後からは雷を伴った激しい雨が降り始めました。

さて、先日の続き。志賀から草津を通り、六合(くに)村から日本ロマンチック街道を目的地・沢渡(さわたり)温泉へと向かいました。

21その途中、中之条町と六合村との境、標高1,088mの暮坂峠に立ち寄りました。紅葉はまだ始まったばかりですが、峠には、若山牧水の歌碑があるほか、岩清水とかちょっとした観光スポットが点在します。

20

峠越えの道はちょっと狭いところもあるけれど、ここにはワンちゃんがいるお店と広い駐車場があります。休日の昼下がり、結構観光客が訪れていました。

    乾きたる
    落葉のなかに栗の實を
    濕りたる
    朽葉(くちば)がしたに橡(とち)の實を
    とりどりに
    拾ふともなく拾ひもちて
    今日の山路を越えて來ぬ

    長かりしけふの山路
    樂しかりしけふの山路
    殘りたる紅葉は照りて
    餌に餓うる鷹もぞ啼きし

    上野(かみつけ)の草津の湯より
    澤渡(さわたり)の湯に越ゆる路
    名も寂し暮坂峠

22この歌碑は、昭和32(1957)年、町田浩蔵氏を中心に、牧水を敬愛する人々によって建てたられましたが、現在の牧水像は、昭和62(1987)年に作り替えられたブロンズ像で、先の像は、中之条町歴史民俗資料館に展示されているそうです。

『枯野の旅』は大正11(1922)年10月20日、若山牧水は草津から沢渡温泉へ向かう際に、暮坂峠の素晴らしい景観に感動し、この歌を残しました。
牧水が旅した頃はどんな風景が広がっていたのでしょうね。

23現在も街道沿いは素朴な風景が広がっています。
通る車も少ないのでのんびりとしたドライブを楽しむ事ができます。

安曇野の穏やかな秋の一日

0201今日も穏やかな一日でした。明日から天気が崩れるそうなので、今日は松の葉っぱがたまった樋の掃除をしました。

0405久しぶりに山麓線を天満沢のほうへ散歩しました。車道しかないので歩きにくいのですが、旅館やお寺があります。左の写真は松尾寺という真言宗のお寺です。

門から奥の階段を登ったところに本堂があります。

お猿さんが目の前を横断していきました。昨年はこの近くを熊さんがうろついていたこともあります。

07近くの大きな交差点。この道をまっすぐ行くと中房温泉。急登で知られる合戦尾根から燕岳への登山口です。このあたりには周囲と似つかない小さなお店が沢山並んでいます。ラーメン屋にスナック、古着屋さん、小物屋さん・・・雰囲気はアジアの市街地によく見られる風景です。

03この交差点の近所にある、2時間休憩\4900の「セレブの森」と老人ホーム。同じ門から入っていくようですが、妙な取り合わせですね。"高齢者優遇賃貸マンション"とありますが、奥の建物みたいですね。手前はディサービス。

06右端の看板を見ると「ペットホテルあずみ」とあり、ワンちゃんの絵が描いてあります。まさかこんな立派な・・・

ちゃんとした人間用。ビラあずみ野さんです。http://user.cnet.ne.jp/v/villa/ワンちゃんも預かってくれるようですね。

今日の安曇野

まずは新聞記事からふたつ

011) 左の写真。紅葉が身頃な戸隠・鏡池で昨日、こんな景色が見られたそうです。・・・その場に居合わせた人は本当にラッキーな人ですね!

2) 毒キノコ、誤って販売。松本市で開かれた市場祭りの会場でハタケシメジとして仕入れたはずが、間違ってクサウラベニタケ(毒)を販売したため、中毒者が出たらしい。チェックはしていたらしいが、複数パックの一番上のパックしか検査しなくて、たまたま合格だったらしい。中には全部毒キノコのパックもあったらしい。・・・雑きのこの美味しい季節なのに、きのこに詳しくない私はちょっと心配です。04

今日は朝もやが晴れると、気持ちの良い晴れ間が戻ってきました。朝は寒かったですが、順調に気温が上がって日中はとてもすごしやすい一日となりました。06 05

近所を散歩するとこんな景色に出会えるようになりました。楓を植えているうちが多いです。我が家にも昨年小さな木を植えましたが、色づきはいまひとつです。02 03

道端の傍らにはこんな可憐な花も咲いているし、垣根の木には赤い実がなっています。 

草津白根(10/20)

朝霧が発生する日が多くなってきました。さらに今日は日中、陽のさす時間もありましたが概ね曇りの一日でした。

11土曜日の志賀の続きです。横手山から渋峠と国道をさらに草津のほうへと向かいました。右側が草津白根山の火口のほうです。ここは火山帯なのでいたるところから有毒なガスが出ています。そのため指定場所以外は駐車禁止です。

12_2 13

武具脱池(もののぐのいけ)です。ロープウェーの乗り場と道路を挟んだ反対側にあります。「その昔、修験者は正式の装束を脱ぎ、清浄な身となって白装束に替えて山頂に登った」と説明の立て札が立っています。・・・なんで池なのかな? 15_214

池の周りにはすれ違うのがやっとの木道が延びています。小高い丘の上にも登れますが、眺望はありません。

1617ここの紅葉も見事ですね。子供や犬連れの家族、カップルで賑わっていました。草津はいつ来ても若い人で溢れています。同じ観光地でも安曇野と客層が違いますが、やはり都市圏からの距離の違いですかね。   

1918いつ来ても心配なのがこのロープウェイ。火山帯を走っていますので当然、草木も枯らすガス(硫化水素)にもさらされることがあるでしょう。乗り場にあるトイレの水道の蛇口だって黒くなってます。

まあ、こんな土地なんでしっかりと管理はされているのでしょうが、「偽装」ばやりの世の中だからなぁ。"草津"なだけに"腐っ"てた(スポーツ新聞の記事みたい)なんてことはないでしょうね?   

鹿島槍~小熊山ハイキング~

その前にサルの話。ネットの記事を見ていたら「サルの群れ襲撃、ニューデリー副市長が転落死」の記事。自宅2階ベランダで、襲いかかるサルの群れを追い払おうとしてバランスを崩して庭に転落、頭を強く打って死亡。これまでもサルの襲撃による死亡事故が発生し、国会議事堂や官庁が集中する市中心部でも野生のサルが我が物顔で走り回り、建物に侵入して業務の妨げになっているとして、裁判所は何度も市衛生当局に対策を講じるよう命じていたが、ヒンズー教で神聖視されるサルを殺すことはできず、生け捕りにして郊外で放すしか手が打てないとのこと。
いよいよ「猿の惑星」が現実のものとなるのか?

0102  さて、本題に戻って小熊山ハイキングを紹介します。登山口まで林道で行けるらしいのですが、木崎湖畔のキャンプ場に車を置いて歩く事にしました。ここは市営の駐車場で無料です。キャンプ場受付の猫かにゃ?03 04

登山口です。ここから頂上まで30分とあります。里山は結構急で足場の悪い所が多いですが、ここも然り。林道歩きで準備運動は万全ですが、ちょっと長すぎ。05

りんどうが一輪だけありましたが、つぼみなのが残念。この他にもよく見回すと小さな花はいくつか残っていました。

0607木々に邪魔されて眺望はあまりよくありませんが、たまに枝の間から町並みや北アルプスの白い頂を垣間見る事ができます。ただ、一等三角点のある小熊山頂上は右の写真の通り、うっそうと生えている木々で全く眺めは見えません。ここからさらに黒沢高原のほうに笹を掻き分けて下って行きます。08 09

下りの途中に北アルプス展望台とありますが、見える景色は左の写真。林道まで下った所で見えるのが右の写真。こちらのほうが眺めは良いです。このまままたハイキングコースをたどっても良かったのですが、林道を戻る事にしました。10 11 12

林道のほうがかえって山は良く見える場所が多いです。澄んだ青空に白い山、紅葉した山が映えます。1415

13右の写真は鹿島川沿い五竜、唐松方面。昨日はやや雲が多かった白馬方面も今日ははっきりと見えます。

林道は舗装してありますが、かなり崩れた石とかが転がっています。雨の後とかは特に落石に注意が必要です。反対側は急峻な崖です。

16いまひとつつまらないので、サンアルピナ鹿島槍経由で帰る事にしました。木崎湖畔には別荘地もあります。湖畔の宿は夏の一時期しか使えないです。売り地も結構目立ちましたが、回りに何もないところだし、釣り好きの人くらいですかね?

左の写真はスキー場にあるホテル前。1本だけ目立つ紅葉した楓(もみじ?)が植わっています。17 18 19

紅葉した山々の奥に見える爺ヶ岳、鹿島槍の眺めが良いです。

小熊山ハイキングコース。いまひとつですが、登山口の少し先にある空き地に車を止めて歩けば、手軽なコースといったとこか。以前住んでた近所でいえば秩父の山歩きみたいなところというのが感想です。    

秋晴れの今日の安曇野(その2)

久しぶりの晴天で嬉しいのは人間だけではありませんね。

お昼過ぎの事。動物園の猿山の中にいる自分の姿を想像してください。奇声をあげて屋根や木を飛び跳ねる音。近所のおばさんの怒鳴り声。寒くなって彼らも必死です。餌場(斜め隣の栗の木)に近づこうものなら、小さな猿は逃げ、代わりにでかい猿がこちらに近づいてきて"真っ赤な顔"して、大きな声で咆えて威嚇されてしまいました。

そんなわけで人間は砦(家)の中に避難して猿が去るのを待っているのです。

秋晴れの今日の安曇野

03この秋一番の冷え込みとなった今日の安曇野。朝から真っ青な青空が広がっています。気温も順調に上がって行楽日和になりました。ここのところずっと天気が悪かっただけに、家の外に内にと大忙しです。窓を開けて部屋の中の空気を入れ替えています。040102

今朝の長峰山からの眺望。ついこの間登った蝶ヶ岳も白くなりました。今朝の信毎の紙面も北ア、浅間山、八ヶ岳に南アルプスと雪化粧の写真が賑わせていました。

05さて、今日は長峰山の展望広場でチェーンソーによる彫刻07_206行なわれていました。長野県外からの参加者もいるようで、製作した作品の即売も行なわれるようでした。(まだ朝早くて準備中でした)

青空の下、北アルプスをバックに製作している人たちも気持ちのよい事でしょうね。(彫刻用のチェーンソーとはいえ、実際は手元見てないと危ないけど・・・)

080910帰り道の途中、犀川沿いの御宝田遊水地の白鳥さんです。4羽きています。朝なので?皆食事に夢中です。鴨さんは陸に上がって草を食べてるようですが、近づくと一斉に池へと飛びます。でも離れるとリーダーでもいるかのように皆ゾロゾロあがってきます。そんな鴨に比べると白鳥さんはマイペース。

気品のある鳥はがっつかない?見習うべきかなぁと思いつつ、帰り際のスーパーで値引き品をおばさんに混じって買いあさっていた私です。

志賀高原の紅葉

09_2スキー場で有名な志賀高原ですが、秋の紅葉もすばらしいものがあります。昨日はここ志賀高原にも雪が降ったそうですが、帰りがけに見た浅間山も白い帽子をかぶっていました。秋から冬へと駆け足で寒さが里へ下りて来ました。010203

蓮池から琵琶池、一沼、丸沼と巡って蓮池へ戻るコースで歩きました。

060405空気が少しひんやりしていましたが、朝のうちは抜けるような青空に恵まれました。紅葉は晴れていてこそ映えますね。

07

0810_2志賀高原にはいくつもの散策コースが設定されています。小さな駐車場に無理して停めるより、大きな駐車場に停めて歩いてみるといろんな発見や楽しみがあります。下に落ちているいろんな落ち葉や木の実を見つける事で木の種類を知る事も出来ます。

この後、草津を抜けて若山牧水の碑がある暮坂峠を通って、お友達の奥さんが入院している病院へと行きました。こちらの写真はまた明日。

夕方、家に帰ってきた時に北アルプスのほうで稲光が見えました。寒気が入っているのでしょう。白い山をバックにした紅葉の写真の楽しみが出てきました。

北アルプス初雪

昨日、涸沢は初雪が舞ってうっすら白くなったそうです。上高地の紅葉も一気に進みそうです。今日の我が家は日中ちょろっと晴れ間がのぞいた後、午後から雨がザ~ザ~強く降り続いています。この雨を境に一層寒気が入るそうです。

明日は天気が回復するようなので、飲み友達?のお見舞いついでに志賀高原でもドライブしながら行こうかな。志賀もそろそろ雪のシーズンなので最後のチャンスかもしれませんね。

カモシカスポーツ松本店

01_2一体どこが「穏やかな晴天」なんだろう、と思う毎日です。でもここのところ急激に寒さが戻ってきたので、近所の紅葉も一気に進んでいるようです。もっと綺麗な紅葉も見れるのだけど陽がさしていないと発色がいまひとつです。

02先日の市民登山で「カモシカスポーツ」が松本にあることがわかったので行ってみる事にしました。「ICI石井スポーツ」もあるのだけど松本の町のどまん中にあるので車じゃたやすく行けない。

04このお店は畑の中にあります。 上の写真はお店への入口の道。なんかセットバックのある住宅に入っていくみたいだな。でもお店の土地は広くて駐車場スペースも沢山あります。お店の中も広々。山専門のお店らしいつくりで、クライミングのスペースもあります。展示してある商品数は多くありませんが、一通り必要なものは揃っています。

03広域農道を南下していって国道158号線の新村交差点(角にコンビニがある)を越えると松本電鉄の踏切を渡ります。しばらく走ると左側に看板があります。左の写真「南和田」の交差点を左折すると、すぐ左側に一番上の写真の小道と奥にお店が見えます。

それにしても「こんな所に」と思うところにお店があります。だいたい本店だって埼京線の止まらない「高田馬場」。中学・高校そして予備校と通っていなければおおよそ用のない場所です。もっとも山の専門店だから来るお客も知った客しか来ないので商売になるのでしょう。

塩尻~大町を結ぶ広域農道。いまでも新宿からの「さわやか信州号」は使っているのでしょうか?名前は農道ですが、国道のバイパスとしての機能が高い道路です。ただ、信号は少なくても右左折の車がいると滞るのがネック。それと一応農道なんで「マイペース」のおじちゃん、おばちゃんの車も走っています。

1年点検

今日は家の1年点検で工務店の人が来ましたが、曇りで寒い1日でした。でもやっぱり麓の町は陽もさしていたようです。

中々スカッと晴れませんが、世の中も最近良い話がありませんね。株価は下がったままだし、物価は上がるものばかり。スポーツの世界も無茶苦茶だし、政治の世界も結論が決まっていることを長い時間かけて税金で無駄な議論をしているし、明るい話題がひとつもないです。

家にいるとロクな話題が入ってこないので明日は外に出かけます。

コハクチョウ、安曇野に飛来

さきほどのニュースでコハクチョウの飛来が安曇野で確認されたそうです。もう少し数が増えてきたら見に行ってきます。

今度はテレビで白駒池の紅葉をやってます。やっぱり赤いのがあると良いですね。今週一杯楽しめるそうですが、天気が?今日も夕方から雨が強く降り始めました。

今日の安曇野

朝からいい天気と思いきやお昼過ぎに真っ黒い雲が広がって通り雨。Getoneshot20071015

でも、長峰山のライブカメラの映像でもわかるように天気が悪いのは北アルプスに沿った山沿いだけ。松本のほうとかは太陽が出てるようです。穂高にはアメダスもあるのだけど、たぶん降水量はゼロでしょう。こんな天気は住んでみないとわからないものですね。

最近、我が家の裏山のお猿さんは見かけません。

蝶ヶ岳半日登山

久しぶりの単独行で蝶ヶ岳を登ってきました。目的は見頃を迎えた北アルプスの紅葉狩りです。三股からの往復。朝日の出とともに登り、昼食は下でとる計画でしたが最近下りの時間がかかるようになった自遊人。WANT目標タイムを少しオーバーしましたが、アスリートではないので「こんなものかなぁ」。

01北アルプスの展望台の名にふさわしく、いつ訪れてもすばらしい景色が待っていてくれます。かなり雲が多かったですが、北・中央・南と一応確認できました。涸沢の紅葉ははるか彼方です。雲の間からのぞく太陽光線の加減で色づきは、一応見る事はできました。02

寒気の影響もあってか、風が強く冷たい。北アルプスの方から吹いてくるので岩陰で見るというわけにいきませんでした。軟弱な私は1時間ほどで蝶ヶ岳の頂上を後にしたのです。03

常念はやはり豊科から見上げるのが一番良いですね。他の山域から見ると今ひとつ。それに比べると槍は堂々としたものですね。どこからでも北アルプスの目印になります。0405

月曜日登り損ねた焼岳、先月登った乗鞍、その先に御岳。いつ見ても美しい眺めです。豊科の町並みは・・・残念ながら雲海の切れ間からちょろっと見えるだけでした。

紅葉真っ盛りのこのシーズン。お昼の時点で三股の駐車場は9割方埋っていました。ほりでーゆーにも結構お客さんが訪れていたし、パターゴルフしている家族も。皆、穏やかな秋の一日を楽しんでいる?ように見えました。

三股への道は昨年の大雨で崩れた箇所が数ヶ所見られましたが、そんな事とは関係なくお猿がたくさん餌を食べています。リスらしき動物も見られるのですが動きがすばやく写真には撮れません。

久しぶりの三股からの登山ですが、駐車場まで30分ちょっと。日帰り登山で家でゆっくり温泉つかりながら一杯飲めるのは何物にもかえがたい贅沢です。   

松本散策

今日は”我が家のあたりは”一日曇りで肌寒い一日でした。山麓はやっぱり寒い。アルプス越えの雲が流れてくるのがよくわかります。

この間の土曜日、松本に出た際の街の様子です。0102_2 

表の通りはそれなりに綺麗に整備されてきましたが、一歩裏にはいるとこんな風景が広がっています。 03

古い倉が立ち並んでいますが、たまたま通りかかった若い人たちは、それがなんだかわからない様子で通り過ぎていきました。

0405左の写真のお店は"おやおや"という八百屋さん。無農薬野菜を扱っているようです。右の写真は女鳥羽川。松本の町の中心を流れています。

0809なわて通り。かえるが祭られています。古い小さなお店が沢山並んでいます。古い装飾品や本屋さん、はんこ屋さんなんかもあります。

06 07そんなお店の中にたいやき屋さんもあります。ここには「たい焼きアイス」なるものを売っていましたので、早速購入してみました。それがコレ。たい焼きの皮の中に小豆とアイスを挟んだもの。アイス最中みたいですね。皮焼くのかと思ったのだけどちょっと残念。

松本の町はまだまだ古いところが残っているので、歩いてみると結構意外なものに出会ったりしますよ。最も地元の若い人にはただの古い町並みなのかも知れませんけど・・・

黒部ダム散策

09実は今まで黒部ダムは見たことがありませんでした。見学会の葉書を出したりしても当たらず、ダムまでのトロリーバスの2割引(=往復\2000)+粗品(絵葉書でした)を使って、「放流が見られる10/15まで」かつ「紅葉シーズンの晴天日」を狙って出かけました。

04家から車で40分程度で扇沢まで行けるので、天気の様子を見てから出かけても良かったのですが、観光シーズンで平日もおじちゃん、おばちゃんが朝から沢山来るので、並ぶのも嫌なので朝から出かけました。それでもバスの始発は7:30なのでゆっくりのお出かけです。

天気は一日晴れの予報のはずでしたが、お昼前には雲が多くなって小雨がパラパラきました。

05室堂から見る立山連峰は見慣れていますが、ダムから見る立山も中々良いですね。カールの紅葉は写真で見るよりもう少し綺麗でした。0102

今回はダムを見るのが目的で写真はおまけ。 右の写真の山は? でも、紅葉は綺麗でした。

ロッジくろよんまで散歩しました。ここまではコンクリの歩道があります。ここから5時間半ほど登れば一の越に行けるみたいです。区画の区切られたテン場もありました。なお、ここからさらにダムの奥のほうまで歩いていくと、平ノ渡場があって黒部湖を渡れるそうです。ここから読売新道をひたすら歩くと、一番初めの写真で真ん中奥のほうに見える赤牛岳に至ります。写真で見てもはるか遠くです。07 

左の写真は御山谷半島っていう展望台があるところから撮った赤牛岳。ちょっとしか歩いていないから当たり前だけどずいぶん奥のほうです。渡し場まででもダムから小船乗せて送ってくれるとうれしいですね。

08

朝のうちは良く晴れていたので白馬方面が良く見えました。

03展望台は2ヶ所。こちらは1508mのところにあるほう。駅からトンネルの中の約220段(あるらしい)の階段を登ると出られます。途中湧き水もあります。眼下に黒部川も良く見えました。

06ダム湖カレー\1000。御飯がダムのように盛ってあるカツカレーです。ダムレストハウスで食べられます。写真じゃよくわからないけれどやや緑がかった色です。窓からの景色を見ながら早めの昼食。

黒部ダムは関西電力用です。展望台とかへ抜ける道は必ず売店を抜けるように作られています。ツアーで時間通りに連れて歩かれるお客さんは結局後で時間が余った時に買いに来るみたいですね。匂いにつられておやきを買いそうなおばさんも我慢していました。

よく考えてみると上高地は東電、黒部ダムは関電。北アルプスで中電の観光地って?   

今日の安曇野

03昔で言う「体育の日」です。朝の気温も少しづつ下がってきましたし、朝霧もよく発生するようになってきました。周りの木々も色づき始めました。

0102霧が晴れると穏やかな一日となりました。小岩嶽城ののろし展望台から見た安曇野の風景。

ちなみに建造物は城址公園として整備した時につくられたものだそうです。0607_2

のろし展望台へは竹やぶの中の木で土止めした階段を登って行くとやがてあります。竹は適当に刈られていますが、ちょっと不気味です。(入口には熊出没なんて注意書きの看板が立っているし)0908

展望台への階段は天気が良くてもちょっと薄暗くて不気味。上について猿があぐらかいていたらどうしよう。0405

武田晴信に攻められた時にはどんな風景が広がり、どんな山城があったのでしょうね。       

明神池の御船神事

01

夜から再び降り出した雨は今朝も降り続いています。昨日の朝の予報は晴れだったのに・・・

さて、あの風雨で「やるのか」と思われていた神事が信毎の中信版に出ていました。見ると傘吹き飛ばされてます。神事なので延期するわけにも行かないのかな。神主さんも大変ですが、お客さんもご苦労様です。

この3連休。多くの人で賑わってました。海外からのお客さんも多く見られましたし、旅館にもオーストリア人の家族がバカンスを楽しんでいました。バスターミナルは長蛇の列。今年ではないですが、最長ビジターセンター! (500m以上ってことか)まで列が延びた事もあるそうです。シーズン来訪者数は150万人前後とピークに比べると減少してきているそうですが、約半年が実質の稼動シーズンと考えると驚きです。普段静かな生活をしていると休日の観光地は人疲れします。

そんな中7日のお昼頃には上高地線を救急車が走っていました。前日も車が挟まれる事故があったそうです。R158、一般車規制の上高地線とバスがすれ違いの困難なところも多いので、ピーク時は大変混雑しますが、無駄な追い越しをする車がいたりすると本当に迷惑ですね。仕事で走っている人のことも考えて欲しいものです。

残念、焼岳登山は中止に

20天気予報に一喜一憂した第6回目の松本市制100周年記念登山。結局当日(8日)の朝起きてみると大雨。スタッフが集まって打ち合わせしています。結論は中止に。まあ仕方ないですね。上高地で旅館に泊まってお風呂に入って、ホテルでピアノのコンサート聞いただけでも満足。

0708前日(7日)の焼岳はこの通り。昼からの受付でしたが、天気が崩れる方向だったので早朝から上高地に入った自遊人です。焼から上高地への下山タイムが読めなかったので、単独先行は諦めていつもどおり徳沢までの往復と岩魚の塩焼を食することにしました。02 03 01

日の出前の大正池から歩き始めました。爽やかな空気が気持ちの良い朝です。

04 05 06

しかし駐車場には参りました。例年、年間最多との入りこみとなるこの3連休。中日のせいもありますが、朝5時前に沢渡地区の駐車場は満車となり、ウロウロする車が続出。お昼受付にあわせて出てきた人は渋滞も相まって、遅刻したりと相当苦労したようです。09 10 11   

明神も澄んだ青空に映えています。安曇野から立派に見える常念もこんなに小さく見えます。今回ガイドさんつきの登山に参加したので山の名前とか草花の確認ができてよかったです。たまにはこんな登山も良いですね。

15長塀から蝶にいたる稜線は合っていたけど、河童橋からジャンダルムは見えないそうです。泊まった旅館のお風呂(2階にある)からもこの稜線が見えるのですが、窓に張ってある稜線の説明でもちょろっと見えるくらいだそうです。16

ところで8日は明神で御船祭りも行なわれる予定でしたが、あの雨風でどうなったのかな?

141312紅葉が綺麗なはずなこの時期ですが、今年は色づく前に枯れてるのもみられました。でもこんな美味しそうなきのこや赤い実、いつもは見落としているいろんな秋をみつけることができました。

1719午後の受付のあとガイドさんの説明つきで明神までまた1往復。平坦な明神までの道も2往復するとくたびれます。

今回は若いガイドさん(ガイドネームさくらさんと花子さん)が応援で入りました。

18清水橋からみえる綺麗な川の水は上高地のホテルや旅館の飲み水になっています。ちなみに川は湧き水です。湧き出している一番上流の取水口は帝国ホテルのだそうです。どうりで宿泊代が高いわけだ!(一番上流にあるのは一番最初に出来たホテルの取水口だからだそうですけど)

21今回も小学1年の男の子が参加しました。家族4人で今回はお父さんが焼岳まで参加。お母さんと下のお子さんは上高地散策だけ参加していました。焼岳で安全確保のために使う予定だったザイルの実演中です。

PhotoPhoto_3人慣れした動物たち。我が家に出没する猿と違って全然逃げません。このあとストックで突こうとすると歯をむいて威嚇してきましたが、やはり逃げません。鴨も同様、河童橋をバックにポーズをとっています。上高地も日光と同じような事態になってきました。野生動物に餌をやって最後に痛い目を見るのは人間ですよ。

信州松本そば祭り

1014_2 映画を見た後はそば祭りを見てきました。久しぶりの好天とちょうど食事時にあたったため、家族連れやツアーバスのお客さんで溢れていました。

15_213 どこへ行っても行列。とても食べる気になりませんでした。もちろんタダじゃないよ。ちょうど新蕎麦のシーズンでもあり、やっぱり美味しいのでしょう。

11_312_27、8日は歩行者天国となる通りもあるそうです。

テレビ信州(日テレ系)のキャラクターらしい妙な表情の気ぐるみ。どこへ行っても子供には人気ですね。

バンフ・マウンテン・フィルム・フェスティバル・ジャパン 2007 in 松本

World_tour_07はじめて10℃を切った朝、麓の方は霧に包まれていましたが、まもなく爽やかに晴れわたりました。

今日はまつもと市民芸術で上映されたバンフ・マウンテン・フィルム・フェスティバル・ジャパン 2007のプログラムAを鑑賞してきました。松本市制100年記念イベントとして開催のため入場無料ということで大勢の人が集まり、会場も広いメイン会場に移されての上映となりました。(内容については次のURLをクリック http://www.banff.jp/index.html )

東京は既に終了していますが、この後、名古屋・大阪・札幌で上映されるようです。

午前中の分しか見ませんでしたが、妙に危険な事にトライする人がいる一方、事故で体が不自由になってもトライする人たちには感動します。

見終わった後は今日からの8日まで開催されているそば祭りへと行きました。

また雨降り

どうも長野の中でもこの辺だけ天気が悪かったみたいです。

01 明け方までのザ~ザ~降りがやんで雲の切れ間から朝日が顔をのぞかしたりしたので、「これから晴れるのかな」と思って散歩してたら、また雲が厚くなってきたので引き返して帰ったら、予想通り降りだしました。

02 結局、一日中こんな感じで雨が降ったりやんだりの天気で、夕方になってようやく青空が出てきましたが、すでに太陽は山の向こう。夜に晴れたって冷えるだけで何の役にも立たないよ。

安曇野も少しづつ色づく葉が見られるようになってきましたが、まだ青葉が多いです。小岩嶽城からの安曇野の風景はもう少し天気の良い日にします。暗い森の中からは野生の叫び声も聞こえるし、怖い看板立ってますからね。

久しぶりの晴れ間

朝方まで小雨が降っていましたが、今日は久しぶりに青空が広がりましたが、半日と持たないでもう曇ってしまいました。全く安定しない天気です。

てもなんとか無理して机の塗装を二工程すすめました。乾燥が十分できないのでサンルームに入れましたので当分塗料臭い家になりそうです。

土曜は松本で開かれるバンフ・マウンテン・フィルム・フェスティバル・ジャパン 2007の鑑賞。日・月で松本市民登山に参加して焼岳・上高地へ行きます。台風の動き次第で天気が大きく変わりそうで心配です。

週明けにはADSL→光の変更工事が入ります。いままでも基地局から近かったのでそこそこの通信スピードは得られましたが、さらに快適な環境になりそう。後はサーバーの導入が済めば完了ですが、コレはもう少し先になりそうです。

進まないペンキ塗り

ずっ~~と曇天続きです。今日は一瞬青空が広がったけどすぐまた曇りに。

おかげで友人からもらったテーブルのペンキ塗りが中々進みません。このままだと月内一杯かかりそうな感じです。そうこうしているうちに冬支度を始める時期です。今年は寒暖激しそうですが、窓掃除とか外で水を使う仕事は来月中旬ぐらいまでにはやらなきゃです。年末大掃除なんて凍ってしまって仕事になりませんからね。

今日は優勝や応援セールのちらしが沢山入りました。エイデンがドラゴンズ応援なのはわかるけど、群馬が本部のベイシアがなんでドラゴンズ応援なんだろう。

値上がりの秋、なんでもいいから安売りはうれしいですね。特に日持ちする食料品が安いと嬉しいのですが、中々少ないです。

2年目に入りました

安曇野には9月に引っ越したのですが、家の完成が1ヶ月遅れで1年前の昨日引渡しでした。去年も雨の降るあいにくの天気。「始まりはいつも雨」なんてフレーズの歌があった気がします、今年も雨。昨日ほどではないけれどやはり寒く感じます。

H1910012yuseisi2H1910011rin2  今日はスーパーの月初セールで買い物したあと、郵便局で記念切手を買いました。図柄は2種類。封書用の¥80だから使い勝手はいいけどやはりもったいないのでお宝切手箱行きとなりました。お年玉の切手シートみたいに2種類一緒で1枚づつだと出費が少なくて良いのだけどなぁ。(もちろんバラで売ってはくれます) ※写真はJPのHPから借用しました。

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト