« アルプちゃんと乗鞍岳へ | トップページ | 決断ってタイミングが肝心 »

乗鞍岳畳平って何県?

01 乗鞍岳は岐阜県と長野県の県境にあります。それでは頂上駐車場のある畳平は何県でしょう。

答えは岐阜県です。それがよくわかるのが売店で売っている商品です。さるぼぼとか飛騨牛○○とかおみやげは岐阜県に関するものが多いのです。

03 長野県は写真の青空の向こう。帰り際、バスから標識(写真左に小さく見える)に長野県松本市(そういえば合併して編入されたんでした)と岐阜県高山市を見て思い出しました。そう、乗鞍岳登山はほとんどが岐阜県側なんですねぇ。

多くの人は気にせず登山していますが、その昔自家用車で登れる頃はあの標識のところにあるゲートが開くまで、スカイライン側から上ってくる車が駐車場を先に埋めていくのを見て、指を加えて眺めてるしかなかったことを思い出しました。駐車場は無料で有料のスカイラインが先で、無料の県道エコーラインが後はいたし方ないのかも知れませんがね。

02乗鞍高原には我が家より一足先に秋がすすんでいますが、進んでいるのは季節だけではないようです。 スキー客減少とともに観光客も減少している気がします。温泉地としての資質は良いと思うのですが、宿泊というスタイルはいまや流行らないのでしょうね。

都会と地方の経済活動の地域格差が言われていますが、時間の流れ方の差も昔に比べて大きくなったような気がします。本当は疲れを癒す場が休暇なのですが、そんな休む時間も許されなくなってきた世の中がちょっぴり寂しい気がします。

« アルプちゃんと乗鞍岳へ | トップページ | 決断ってタイミングが肝心 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アルプちゃんと乗鞍岳へ | トップページ | 決断ってタイミングが肝心 »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト