« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

安曇野フェスタ・2日目

天気は大当たり。朝からザ~ザ~雨が降ってます。どうしたものだか無料の屋外コンサートにつきがありません。とにかく事務局に電話すると「展望テラスに場所を移して行なう」とのこと。雨だと家にいてもやることがないのでとにかく行ってみる事にしました。

お昼はまたまた信州サーモンの試食と無料配布のおにぎりふたつ。おにぎりは人気で雨にも関わらず大勢の人が並びましたが、閑古鳥なのは出店の人。おととい32℃あった気温は15℃そこそこ。暖かいものはともかくビールなんて誰も飲む気になりませんね。

穂高出身の上松美香さんのアルパコンサートは予定通り行なわれました。狭いスペースですが、その分そばで聞けたので楽しめました。アルパとはインディアンハープとことです。初めて生で聞きましたが、意外と音域が広い楽器ですね。「MOVIE.mpg」をダウンロード

01 終わった後はサイン会。圧倒的におじちゃん・おばちゃんが多いのは地方のコンサートらしいところです。上松さんはこのあとファンクラブの人達と須砂渡のキャンプ場でバーベキューだとか。いくら屋根つきとはいえ、ちと寒いねぇ。

ちなみに穂高柏原にアルパ専門の楽器店があるそうで、アルパの教室もあるとか!また11/4には塩尻でコンサートがあるそうですよ。

上松美香さんのホームページhttp://www.agematsu-mika.jp/top.html

オフィシャルページhttp://www.universal-music.co.jp/classics/j_classic/mika_agematsu/

安曇野フェスタ・1日目

28 今年が2回目の安曇野フェスタが国営アルプスあずみの公園で開かれています。有料なので未だ公園に入った事がなかったのと、いろいろ試食ができたりするのを目当てに行きました。1週間前の予報は雨、数日前は曇り時々晴れ、昨日は曇りとくるくる変わった結果はコレ。21

雨は朝のうちで上がり一時日も差しましたが、概ね曇り。しかも昨日の真夏から一気に寒くなりました。じっとしていると上着が欲しい天気です。

0201おやっ?数日前穂高神社で太鼓叩いていた人たちです。威勢の良い太鼓のあと、オープニングの挨拶です。

自遊人は生で市長さんを見るのは今回が初めてです。大体この手の演説が長いのでうんざりですが、その後立つ人も極限られていて、全体的に適当な長さでよかったです。

03続いてテープカットです。信州人は遠慮がちな人が多いのか、真ん中に陣取れました。 そばの出店の軒先の売り物のナイアガラの香りがとても良いです。ちなみに松茸も売ってましたが、高いのであきらめました。

040605続いて安曇野市太鼓連盟の太鼓競演です。太鼓の音はそばで聞いていると腹の奥まで音が響いて気持ちよいですね。

070810これだけ沢山いると後ろの方で叩いている子たちは全く目立たなくてちょっとかわいそう。でも一生懸命叩いてます。

09_2天気が良ければ豊科の街をバックに綺麗な写真となるのでしょうが、あいにくの天気で街は霞んでいます。左端の紫のパーカー着ている人がやけにえらそうに見ていますが、長野県太鼓連盟(そういうのがあるんですね。埼玉にもあったのかな?)の人で、たまに全体の指揮をしていました。

11せっかく一生懸命やっていて申し訳ないのだけど、すでに開場しているので入口へと進みました。このエントランスホールまではいつも無料です。長野県内のパンフレットの類とかが充実しているので、観光案内所としても便利です。

さて、お目当てのひとつ。信州サーモンの試食です。午前と午後の2回、あずみ野ケーブルテレビの録画も行なっていました。お刺身の余りは隣で炭火焼にしてくれました。13121416

これがまた美味しい!

15向かいのお店では安曇野産こしひかりを使ったおにぎりが2種類ししをくできます。お昼から中継が入ったSBC放送の録画も入ってましたが、長野で知る人がいない自遊人はテレビに映っても安心です。

17_224ちんどん屋もきていました。5月に松本城でやった信州夢街道フェスタにも来ていたちんどん屋さんかな。

コスモスの花が綺麗に咲いています。 2322

でも見えるはずの常念岳をバックにした写真が撮れなくて残念です。   

20ナナカマドの実が25真っ赤です。

彼岸花畑?なぜか中途半端な花畑が裏のほうの散策路脇にありました。

テーマ展示館では安曇野の企業宣伝スペース、社会教室で田舎体験(パンフにのってない!!)、理科教室でトンボ玉つくり体験といったイベントが行なわれていました。1819

展示館の中は水槽みたいになっていていろんな川魚が泳いで見えるコーナーとかあります。

SBC(信越放送。TBS系)のロクちゃんを見に行ったら、「そうた」とかいう知らない着ぐるみがいました。肝心なロクちゃん(ふくろうみたいなやつ)の着ぐるみは会えませんでした。

26お昼頃メインステージに行きました。よさこいやってました。

27信越放送の生放送。ゲストはものまねのホリさんとアルパ奏者の上松美香さんです。上松さんは穂高町の出身ですがホリさんは安曇野は初めてだそうです。

明日は上松美香さんのコンサートがあるのだけど天気が心配です。屋外コンサートは上高地はいつも雨、先日のアルプス公園は指揮者変更とついてたためしがない。 

安曇族

御船祭りの記事が信毎の中心欄に出てました。(そういえば腕章した人がいました)御船祭りは古代に北九州から移住したとされる安曇族の海での活躍をたたえたものなんだそうです。

海での活躍?って・・・今週からBS朝日で始まった韓国ドラマ「海神(ヘシン)」で思い出される海賊のことかな?01_2 02_2

御船の人形にこんな歴史(伝説)にちなんだ飾り付けがありました。百済から仏教が伝来された538年頃の話です。中国が唐の時代、朝鮮が高句麗、百済、新羅の三国時代。日本とも貿易が盛んだった頃の話です。

雰囲気からしてどちらかというとのんびりした貴族のほうの気がするけど、そもそも卑弥呼がいた邪馬台国は、九州説と畿内説とがあって未だによくわからないらしいし、安曇族も伝説の粋を出ないのでしょうかね?ネットで検索するといろいろ面白い情報が得られるし、太古へのロマンもわきます。

最近、「朱蒙(チュモン)」に続いて「海神(ヘシン)」とBSの韓国歴史ドラマ漬けですが、両方にソン・イルグクが出てるし、内容が混乱(一人の女性を巡って二人の男が出てくるのは韓国ドラマ共通だし)してきましたが、紀元前後の頃の話もこうやって見るとおもしろい。単に年号覚えるだけの日本の歴史の授業(しかも都合よく書き換えられている)は面白くないですね。

穂高神社お船祭り(9/27)-その2

04(関連は少ないですが、ひとつ前から先に読んでね)

駅前にあったお船が神社に入ってきました。3台ほどが町を歩いてきたようです。03

お船の中で笛や太鼓を叩く若い人たちが、まだくつろいでいます。このお船ともう一台が神社で昨日組み立てていたクライマックスで登場するお船です。 222324_2

町中を歩いてきた3台のお船は神殿前の舞台を数周回ります。

25262728  嗚呼、ご神木の枝が・・・ 。そんなの関係なくまわります。

29323130「笛吹いてる場合じゃないわ」 女の子の一人は頭押さえてます。

33_2

34 いよいよクライマックス。お船同士のぶつかりあいが始まります。最初の1台が舞台の周りを1周します。このぷつかりあう2台。それぞれ多分意味があるのでしょうね。

3536これだけ大きいと転回するのが大変。皆総がかりで押したり引いたりしてまわしています。折からの強い南風に煽られてあたりは砂埃でもうもう!

373839最初は広場から神殿前へ出てくる口で押し合い。神殿の向こう側なんで良く見えないけど、激しくぶつかう音が聞こえます。

その後鳥居のある正面からお船は出て行きますが、ここでもぶつかり合いが数回繰り返されます。お船の中の人形もヨロヨロ。枝でしっかり組まれたお船はびくともしません。 02000201  02020203

それにしてもこのぶつかり合いの間、中に乗っている人はずっ~と笛、太鼓を続けていました。(さすがにぶつかる瞬間は止むけど・・・)

引き手も最後のほうはもうフラフラしている人も居ました。0205020402060207

先頭に回ると結構な迫力。ぶつかる瞬間に中にいる人は・・・結構迫力ありそうな気がします。

01000101さて、ぶつかり合いも終わり鳥居から船は出て行こうとした時、問題発生! 船首が鳥居にぶつかりそう!そういえば組み立てていたのは広場でした。

0102無事、鳥居を壊すことなく神殿の前から出て行く事が出来ました。        

一連の意味についてはこの次までに勉強しておきますが、傍で見ていて迫力あっておもしろいと感じるだけの私はまだ観光客と一緒ですかね。

穂高神社お船祭り(9/27)-その1

01 穂高神社・お船祭り本祭が行なわれました。写真の枚数も多いので2回に分けてアップします。写真はお昼少し前の穂高駅前。1台?のお船がありました。この後、町内をねり歩いた後、穂高神社へと向かいます。

02 穂高神社にはたくさんの出店が出ていました。大阪焼屋さんがなぜか人気だったので1個買って食べてみました。

それにしても秋祭りと思えない暑さ。日中は30℃近く、夕方もまだ暑さが残っていました。

ところで「浦安の舞」というのを知ってますか?(行徳=浦安の前じゃないよ)

042  ここ穂高神社ではかわいい巫女さんが舞を披露してくれました。舞台に上がる前、ちょっと緊張している子もいますね。05052_2

右の写真は扇から剣に持ち替えるところ。隣の子の準備が気になります。06

剣に持ち替えての舞。いろいろと意味があるのでしょうが、勉強不足の私にはわかりません。07 08

4人が舞台を退いた後、今度は少し年上の巫女さんの二人舞です。このように4人とか2人とかいろんな舞があるようですね。11 09_2 10

ちょっと年上だけで同じような舞も大きく見えます。

12_2

終わって皆ほっとした様子です。友達が寄ってきたり親御さんの傍にいたりと、こうして見ていると普通の女の子たちです。

舞が終わった後、引き続いて穂高太鼓が披露されました。ちなみに奥の広場にステージがあって、歌謡ショーとかやっていました。その広場ではお船の中で子供たちが笛・太鼓の練習中。今回、あえてビデオ持って行きませんでしたが、いろんな音色が聞こえて少々妙な気分のお祭りです。いや、一応神事もありましたよ。131415

穂高太鼓。舞台の前で子供たちが太鼓たたいてます。ちなみに中央写真の左側の男の子はちょっと前まで舞台の上で銅鑼たたいてました。1617

小さな女の子も一生懸命太鼓たたいています。終わった後の片付けでひとりで太鼓を車へと運んでいました。小さくてもたくましいです。

1819203時頃から神事の始まりですが、この1時間が非常に長く感じました。本殿の中の様子は見ていても私にはよくわからないので、チラッとしかみませんでした。

21途中で式次第のアナウンスがあり、それによると祭壇に供えられた杯が由緒あるそうですが、神事に疎い私にはこれまたよくわかりませんでした。 

う~ん。勉強不足でさっぱりわからん。来年までに少し勉強しておきましょう。続いていよいよお船登場です。

北アルプス初氷

昨日の朝は寒いと思いましたが、今朝の新聞に北穂高小屋(北穂高岳3106㍍の山頂近くにある)で、厚さ4~5mmの氷が張ったそうです。小屋の温度は1.5℃。でも例年なら8月末~9月初めには氷が張るので、ここ10年で一番遅いそうです。

暑さの原因は列島の真上に上空の太平洋高気圧の中心があった影響のようですが、ようやく南東海上に後退したので、秋の空気が紅葉の季節を運んできそうです。

穂高神社お船祭り

0301去年はハローワークの説明会と重なって行けなかった穂高神社のお船祭り。今日は夕方からの神事が中心で祭事は明日。朝早い事もあって巫女さんも暇そう。

02

04

08お船はまだ建造中。職人さんが松の枝とかで飾り付けしていました。右の写真のものは街中の別の神社にあったものです。

05

先日の大河ドラマでは小岩嶽城を武田勢が攻めるシーンが放送されました。次週からいよいよ川中島の戦いです。しかしなんで穂高神社の資料館で展示やってるのかな?

06

穂高のメインストリートです。写真が(拡大しても)小さいのでよく見えないかもしれませんが、真ん中あたりに見える赤い看板は最近オープンした「Soup&Drink」専門のaz cafeさんです。

07お蕎麦やさんの入口にある「街角あんない」小屋。なぜかトルハルバンがあります。窓のところにはペコちゃんが・・・妙な組み合わせです。一度聞いて見たいのだけど小屋に人を見た事がないです。

11

お店の窓際には陶芸品が飾ってあります。お花が綺麗に飾られています。線路際の歩道も同じようにお花が綺麗に咲いています。碌山美術館までそんな景色が続いています。

0910今日は午後から薄雲が広がったものの、朝から爽やかな天気の一日でした。昨夜のお月さんも良く見えましたが、その分朝方はこの秋初めて10℃近くまで冷え込みました。紅葉の遅れている北アルプスの峰々が白い帽子ををかぶるのももう少しですね。         

今日の安曇野

一週間前に比べるとめっきり涼しくなりました。日中日が差して暑くなってきましたが、またすぐ雲に覆われてしまいました。

01ポストに葉書を投函がてら山麓線を散歩しました。たまに散歩すると車では気づかない珍しいものが目につきます。このお店は入口にロープが張ってあるのでやってなさそうなのですが、 こんなものが飾ってありました。

02稲刈りも進んでいてこんなはぜかけの風景があちらこちらで見かけられます。ちなみにはぜかけの三脚みたいなやつはホームセンターでも売っています。以前住んでた町のスーパーVIVAホームでは見かけなかったなぁ。

03Vif穂高です。 野菜とか果物がスーパーより安く手に入ります。自然食やパン、パスタソースの類も扱っています。右方向が北アルプスの山々ですが、黒雲に覆われています。この雲はだんだん平地へと広がりました。

04山麓線の一部は信濃路自然歩道にもなってますが、歩道(というより路肩)は痩せた人しか歩けません。信号が少なくバイパス的な道路なので通勤時間帯の交通量は結構多いのですが、事故でもないかぎり歩道を作る予算はでないのでしょうね。

05彼岸花。以前住んでた町の荒川の土手沿いにも時期が来ると沢山咲いていました。綺麗ですが根っこには毒があるそうです。

それにしてもいきなり「ニョキニョキ」と咲くのが不思議でなりません。つぼみとか見た事がありませんが、どうなってるのかな?

吾妻渓谷

昨日、群馬県の温泉病院でリハビリ中のみにいさんのお見舞いの途中にある吾妻渓谷を歩いてきました。首都圏最後とも言われる八ッ場(やんば)ダムが完成すると大きく景観が変わってしまう前に一度は訪れておきたいと思っていた場所です。

07 沼田から草津に至る通称「日本ロマンチック街道」のほぼ真ん中に位置する吾妻渓谷。電車だとJR吾妻線・川原湯温泉下車となります。国道を挟んで川の反対側に"一応"遊歩道があります。写真の看板から少し歩いたところに見晴台があります。

06 一応こんな景色は見えます。ここはJR東日本が駅で配布している(と言っても首都圏だけですが)パンフレットにも紹介されているコースですが、正直言って期待外れでした。

紅葉の季節は多少マシかもしれませんが、川はずっと下のほうで流れの音を聞きながらの散策となります。

しかも周遊のためには国道沿いの遊歩道を歩かねばならず、せっかくの森林浴も半減です。

0305

しかも遊歩道はこの有様。渓谷沿いで崩れやすい場所とはいえあまりにひどすぎです。途中崩れた沢を通過するところが何ヶ所かあって、革靴とか普通の靴で来たらちょっと危険。左の注意の看板はそんな遊歩道の途中に立てててありますが、なんの役にも立たない気がしました。

08国道沿いの遊歩道へ川をわたるための橋です。名前はつけてありますが、特に何の変哲もない橋です。京都の嵐山とか四国の祖谷渓谷のような景色を期待したのですが、少々がっかりです。

04まあ、首都圏から森林浴を求めて来るには適当な場所かも知れません。汗を流した後にはいる温泉も周囲にいくつかあります。

谷が多いので谷筋から吹き降りる風は心地よく、こんな景色にも出会うことが出来ます。

美味しそうな毒キノコも沢山生えていましたよ。   

0201

予想通りやつらはやってきた

01予想した通りお猿さんはやってきました。朝7時前。まだ少し暗いので300mm望遠の手持ちではぶれてよく撮れません。おまけにこちらの気配に気づくらしくて、構えるとすぐ逃げてしまいます。

02斜め向かいの家の栗の木に登っています。あんなイガイガのどうやって食べるのかな?ちなみに木を相当揺すっていましたので落として食べるつもりだったのでしょうか?落ちた栗は少々人間も失敬しましたが、ちと小さいな。

03ここの家の屋根もお気に入りのようで、よく腰掛けたり暴れたりしています。なんか屋根が波打ってるように見えるのは気のせいですかね。

猿たちは山から山麓線のほうへと下っていきましたが、近所で大騒ぎする人間の声が聞こえました。そして爆竹の音も・・・。人間の姿を見せずに攻撃しないと全く効果の無い猿たちです。

子猿もすっかり独り立ちしていて行動していますが、群れ全体の行動方向は同じです。そこで、最近では追い回す時に群れから分断させるように別の方向に追い立てようと試みています。親が助けに向かうか興味津々・・・・・・って暇人の自遊人です。

暑いなぁ

もう9月も終わりなのに暑いなぁ。林の中の我が家はまだ多少マシですが、それでも日差しは真夏並みに感じます。

テレビは秋に向かって熊の話題が出ています。近所のどんぐりや栗の実も食べ頃で、至る所に落ちていますが、屋根が焼けて熱いせいかお猿さんの出没は控え目です。来週から暑さも収まるそうなので里に下りてくるのでしょうか?

初秋の美ヶ原

Photo 今日は朝から抜けるような青空が広がりました。予報通り暑くなりそうなので、秋を探しに美ヶ原を歩いてきました。以前訪れたのはまだビーナスラインが有料の頃、今では我が家から1時間とちょっとで簡単に行ける身近な観光スポットのひとつになりました。0405

牛さんたちも北アルプスや八ヶ岳をバックに気持ち良さそうに草を食べていました。__________________________________________

01

02それにしても抜けるような青空が広がり、北、中央、南アルプス、そして富士山、浅間、関東山地と360°の展望が望めました。

06

03

途中で行き会ったお年よりの方は娘さんと松本から安曇野かこちらか迷って美ヶ原に来たと話されていました。平日にも関わらず子供連れの家族も来ていましたよ。

07

08

松本からのアザレアラインは老若男女ツーリングの人達を結構見かけました。頂上付近はライダーの人達にも心地よい風でしたが、山辺に下ると一気に蒸し暑い空気に変わりました。09

美しの塔の鐘の音も心地よい一日でした。花はマツムシソウ、うめばちそう、はくさんふうろが多く見られました。__________________________________________

Photo_302_301_2Photo_2            

テンペ味噌

01以前、テレビで紹介されていた池田町のテンペ味噌です。池田町道の駅で売っています。

お店でもらったパンフによると「テンペ菌とはバナナの葉についているカビの一種」だそうで、納豆を稲藁に包んで発酵させるように、インドネシアでは茹でた大豆をバナナの葉に包んで発酵させていろんな食品に加工させているそうです。

このお味噌で作ったお味噌は中々美味しいので、パン食の我が家でも毎朝飲んでいます。活性酸素を除去する物質が含まれているそうで健康にも良いそうです。

近くに来られた際は、是非一度購入されてみてはいかがでしょう。

これって毒きのこ?

山菜は採取して食べる自遊人ですが、きのこは見分けがつかないので手をつけません。

01先日、我が家を建てる際に根だけ残して切り倒した赤松の地上に出ている根っこの部分にしめじみたいなきのこがうじゃうじゃ生えてきました。見るからに食えそうなのですが、食べられるのかわからず放っておいたら下の写真のようになりました。02

やっぱりシメジの類ですかね?しかしお猿さんが食さないところを見ると美味しくないか毒があるのかな?

この週末、目まぐるしい日々が続きましたが、今日は普段と同じ静けさが戻った安曇野の我が家です。午前中は風が強かったけれど、午後からは雲が広がりパラッと降ったりしましたが、大きくは崩れていません。週間天気予報の確率70%はあまり当てになりませんね。それとも普段一生懸命働いている人へのご褒美の効果かな?

意外と良かった週末の天気

秋雨前線は出来たし、台風は来てるしで好天が期待できなかったこの週末。今日の日中まで天気がもったので屋外で遊ぶ事が出来ました。

01

02朝起きてからお友達と近くの八面大王の足湯へ行きました。ここは無料で誰でも自由に入れます。僕たちが行った時は誰もいませんでしたが、3O分ほどすると近所に宿泊している人とかが集まってきました。

0403さて天気が良かったので先日訪れた池田クラフトパークへ行きました。てるてる坊主と聞いて最初は渋っていたお友達のお嬢さんも喜んでてるてる坊主を作製していました。作品は一緒に展示してありますよ。でもかわいそうに夕方から振り出した雨にうたれてるかもしれませんね。

出ているお店も結構いろいろと気が利いていて中々良い企画ですね。ススタッフの若い人ともよく連携が取れているのでしょう。

05松川村のパターゴルフ場で遊んでいる時に少しパラッと降られましたが、子供たちも最後はだいぶ上達したようです。パノラマ道路を爆音を立てて数台のオートバイが走っていきました。この時代にまだそんな人たちもいるのですね。06   

その後は大王わさび園で少し遅い昼食をとって見学した後、家へ戻りました。駐車場は満車。いつも多くの家族連れやカップルで賑わっていますが、連休で天気も良かったせいか多くのお客さんで賑わっていました。

それにしても台風のせいか南風が入ってむし暑い日が続いています。

でもわさび田の水はちょっと冷たすぎですかね。

おしりをかじる滑り台

01昨日の晩からお友達の家族が遊びに来ています。週間天気予報ではあまりよろしくなかった天気は、北アルプスが雲に見え隠れするものの、好天に恵まれしかも暑い一日でした。

子供も楽しめてお金のかからないアルプス公園へ朝から遊びに行きました。自遊人のお目当てはあの長い滑り台です。

ところがお尻が痛くないはずですが、スピードを出すため寝転がって滑ったせいで尾骶骨が擦られ、ハゲて痛くなりました。

皆さん、滑り台は正しい姿勢で滑りましょう。

池田・てるてる坊主アート展

あずみの池田クラフトパークで今日から17日まで開かれている「第一回北アルプスてるてる坊主アート展」を見にいってきました。特産物販売とか催し物等のイベントは週末の3連休に行なわれるそうです。

03

爽やかな好天にも恵まれましたが、安曇野を見渡すことが出来るビューポイントのひとつです。全国各地から集められたてるてる坊主が気持ち良さそうに泳いでいます。

10池田町はハーブの里として知られており、県道沿いの道の駅にはハーブセンターが併設されています。ちなみに各種ハーブや黒豚を食べさせてくれるレストラン、パン工房もあります。

01

ところでなぜてるてる坊主かというと、童謡「てるてる坊主」の作詞家である浅原六郎氏が池田町の出身だそうで、同町にある記念館にも展示されているそうです。

020509いろいろ力作がありました。ほのぼのとした作品、いろんなメッセージをこめた作品。全部取り上げたらきりがないので、賞とは関係なく気に入ったものをいくつか紹介しますね。

てるてる坊主というとちり紙や新聞紙で作る事が多いですが、こうやって作られている作品を見るとひとつの芸術ですね。0607  08 

04それにしても良いロケーションのところです。公園内にはところどころにベンチが置いてあります。

夕方とか、北アルプスに沈む夕陽を見ながら愛を語り合うのに良さそうな場所ですね。

まさに綱渡り

と言っても前回の続きではないですよ。お猿さんの話。

Img_0004

Img_0005Img_0006

電線を渡る瞬間です。渡り終えてから「見たな」って感じでこちらを睨んでます。

斜め向かいのうちの栗の実の熟れ具合を確認して去っていきました。最近は1家族のようで今日は小猿も親の背中から降りて移動していました。これから栗の実が熟れてくるとよく訪れることでしょう。

決断ってタイミングが肝心

世の中が安定しなくて困りますね。そんなどさくさに紛れて食料品とかふだん消費するもので値上がりするものが増えています。一方耐久消費品とかの値下がりは続いています。今は製造業も投資を続けていますが、これもバブル崩壊後一時ストップした分を取り戻しているだけで、このままでは景気が冷えていくのは間違いないです。

政治家さんにはとにかく目の前の問題をひとつづつ片付けて欲しいですが、勢力争いばかりでどうしようもない。こんな人達の税金を払うために金を稼ぐのは嫌だなぁ。

もっとも安曇野の生活はそんな世間とは関係なく晴耕雨読。今日は晴れたので庭の手入れです。来年に向けて畑の囲いも真面目に考えねばです。花にも柵が必要だし・・・。

乗鞍岳畳平って何県?

01 乗鞍岳は岐阜県と長野県の県境にあります。それでは頂上駐車場のある畳平は何県でしょう。

答えは岐阜県です。それがよくわかるのが売店で売っている商品です。さるぼぼとか飛騨牛○○とかおみやげは岐阜県に関するものが多いのです。

03 長野県は写真の青空の向こう。帰り際、バスから標識(写真左に小さく見える)に長野県松本市(そういえば合併して編入されたんでした)と岐阜県高山市を見て思い出しました。そう、乗鞍岳登山はほとんどが岐阜県側なんですねぇ。

多くの人は気にせず登山していますが、その昔自家用車で登れる頃はあの標識のところにあるゲートが開くまで、スカイライン側から上ってくる車が駐車場を先に埋めていくのを見て、指を加えて眺めてるしかなかったことを思い出しました。駐車場は無料で有料のスカイラインが先で、無料の県道エコーラインが後はいたし方ないのかも知れませんがね。

02乗鞍高原には我が家より一足先に秋がすすんでいますが、進んでいるのは季節だけではないようです。 スキー客減少とともに観光客も減少している気がします。温泉地としての資質は良いと思うのですが、宿泊というスタイルはいまや流行らないのでしょうね。

都会と地方の経済活動の地域格差が言われていますが、時間の流れ方の差も昔に比べて大きくなったような気がします。本当は疲れを癒す場が休暇なのですが、そんな休む時間も許されなくなってきた世の中がちょっぴり寂しい気がします。

アルプちゃんと乗鞍岳へ

05

松本市制100周年記念登山に参加してきました。

ホームページとか信毎の中信欄のページを見ていて前回の槍ヶ岳の参加者の楽しそうな様子を見て参加を申し込みました。

今回は畳平で一行を出迎えてくれた後、肩の小屋まで同行してくれましたよ。いくら整備された砂利道とはいえ、あの着ぐるみでの山歩きは大変なことと思います。改めてお疲れさまでした。

02

0601午前中は時折ガスはかかるけれど山頂は見える天気。小屋では小屋番のお兄さんとお姉さんの出迎えを受けていました。

ここからは本格的な登山道なのでガイドさんが適度に間に入っての山行です。今回も定員一杯の30名。

04

07

03頂上はガスに覆われていて時折下界が見える程度で周りの山は全く見えませんでした。湿度の高い風が強く、立ち止まっていると少々寒いです。

乗鞍岳は簡単に登れる3000mということで人気があります。毎度のことながら若いカップルの人たちを良く見かけますが、結構軽装の人も見られてちょっと心配です。また、ゴミ拾いをしてくれている人たちが登山道を行ったりきたり、小屋のゴミを運んだりと頑張っていました。来る人も山に落としていくゴミは最小限にするように心がけて欲しいものですね。

次回は上高地泊の焼岳登山です。ちょうど明神のお船祭りもあるし、参加したおばさんからも「次回もおいで」って誘われたので空きがあれば参加しようかな。

お金使うことばかりの自遊人ですが、「仕事のことは山に登ってゆっくり考えれば・・」というおばさんの言葉ではないですが、家にいても大したアイデアは出てきませんね。

意外と少ない蕎麦畑

07_2 信州というと蕎麦。よそから来る人は口にして帰られる方が多いと思います。散歩コースにあるお店のいくつかもお蕎麦屋さんです。ところが意外とそばに蕎麦畑(*^-^)が少ないのです。 どちらかというと田んぼが多い。

01蕎麦畑は三郷のほうが多い気がします。去年1ヶ月仮住まいしていた小倉のほうも多かったし、大糸線の車中からも松本から中萱過ぎた辺でよく見かけます。

04台風の被害は東信地域、佐久とか軽井沢では大きかったようですが、ここ穂高のお散歩したコースではさほど稲も倒れていませんでした。安曇野産こしひかりの新米が出回るのもあと少しでしょうかね。

03_2

06今朝は意外と雲が多いです。日中は33℃の予報も出ていましたが、そこまであがる感じではなさそうです。コスモスの花が秋を感じさせます。コスモスと言えば、自遊人もよく訪れた事がある群馬との県境内山峠のコスモス祭りも台風の被害を受けたそうです。今日のために綺麗に育ててこられた方は落胆されていることでしょう。

05台風で流れちゃったかと思ってましたが、あおこもそのまま大量に発生しています。ここは用水路だから流れもほとんどないですが、川の水もさほど増水していませんでした。

今年も斜め向かいの家の栗の実が熟してきました。そろそろお猿が来そうです。

トロッコ風列車

01トロッコ列車じゃなくてトロッコ"風"列車だそうです。

なんでトロッコ列車じゃないのかわからないけど、興味ある方はどうぞ。蕎麦の花が見頃です。車窓(窓無いから?)からの景色は楽しめそうですね。

台風が北上すると蒸し暑さがもたらされるので嫌ですね。お昼頃までは風に乗ってアルプス越えの雨雲も飛んできましたが、夕方には完全に晴れたので窓を開けたらかえって家の中が蒸し暑くなっちゃいました。蝉は嬉しそうにないていますが、人間は暑さで泣いています。

台風が去っていきます

寝てる間でよくわかりませんですが、雨風あんまりひどくなかったようです。去年の大雨で崩れた登山道の復旧工事に影響がなければよいですが、影響の少ない事を祈っています。

テレビで関東の河川の様子を繰り返し報道してます。関東の河川敷はほとんどが野球場や公園、ゴルフ場になっていますので、また当分使えないことになりそうです。有志の人が整備している広場とか大雨のたびに設備が流出したりして、関係者の方の苦労がしのばれます。

それにしてもいつも思うのは河川敷の車。間違いなく水没するのになんで置きっぱなしなのでしょうね。よほどお金持ちの人か、海外にいてどうしようもない人か、はたまた不審な車でしょうかね?不思議です。

台風

今日はここ安曇野の個別防災無線が頻繁に台風情報を流しています。夕方には松本地域にも大雨に関する警報が出ました。

でも我が家のあたりは静かなものです。夜中には強くなるかもしれませんので懐中電灯準備です。

台風が近づいてます

午前中は晴れ間見えた安曇野も午後から急に強い雨が降ったりしました。

予想コースから見て北→西→南と風が吹きそうなので飛びそうなものと雨どいのチェックをしました。

これから林檎の収穫の季節なのであまり強風が吹かないで欲しいですね。

隣の国の歴史

日本の歴史教育は受験のためにあるようなもので、あまり昔の事を知る人は少ない。せいぜいドラマでよくやる戦国時代くらいかもしれない。

三国志と言うと中国が有名ですが、お隣韓国にも高句麗、百済、新羅の三国の時代があったことを歴史の授業でちょこっと教わった記憶がありますが、その程度であまり詳しい事は知りません。

「朱蒙」って韓国の歴史ドラマ。日本語版DVDが発売されたので、その宣伝兼ねてチュモン役のソン・イルグクとソソノ役のハン・ヘジンが来日しています。先日の「笑っていいとも」に出演してましたが、ソン・イルグク氏はドラマ同様寡黙な感じでしたね。

手元に高校で使ってた帝国書院の世界史年表ってのがありますが、これにもちゃんと「朱蒙、高句麗を建国と伝える」とあります。紀元前の話、邪馬台国なんかより200年近く前の話です。気の遠くなるような昔の話です。

ドラマだから若干おもしろくしてありますが、背景を調べると勉強になりますね。

二期工事

今日は松本で33℃を記録しました。蝉も最後の夏を謳歌するかのように「ジ~」「ミ~ンミ~ン」と選挙も終わったのに鳴いてました。

そろそろガーデニングのものが安くなってきました。お花もこれからが安売りシーズンです。今日も¥198→¥30に値下がりしてたお花を買ってきました。うまく冬越しさせられれば来年は綺麗な花が咲くことでしょう。なにぶん、霜が降りるくらいならまだしも凍土になっちゃうので、耐寒性のない花や木は駄目です。

デッキもまた作り始めましたが、安売り待ちと在庫限りで数合わせに結構忍耐が必要です。値下がり品ばかり買って帰る自遊人をレジの人はどう思ってるのでしょうね。

アルプス公園

01_2 野外コンサートが開かれた松本市のアルプス公園です。昨日、初めて行きましたが、お弁当持って子供連れで遊びに来れば一日遊べそうな広さです。

駐車場はメインが南駐車場ですが、東駐車場そして松本トンネルの料金所横から上っていく道沿いにある北駐車場があるようですね。

03

02

肝心のコンサートは練習風景だけ見ました。音響効果はコンサートホールに比べれば比較になりませんが、ステージに向かってゆるやかな傾斜がついていて結構気が利いてます。

06 子供の遊具も結構揃っています。もちろん大人も一緒に遊べます。11

おしりの痛くないローラー付の滑り台。左手の森の中から2,3回に分けて続いていますが、結構長くて本格的です。

07

08 圧巻はこの人工の岩山。左の写真ではよくわかりませんが、右の写真を見ると人間が小さく見えますし、斜面は結構急で高さあります。地面は砂地だけど落ちたら怪我しそう。でもやってみたい気はします。

12このほかにもいろんな遊具があります。ちょっとしたトレッキングみたいな場所もあったりで、子供だけでなく大人も楽しめます。遊歩道なんかもあるようですね。

10松本市山と自然博物館です。無線の中継基地も兼ねているようです。ガラス張りのところが展望台です。展望台まではエレベーターで上がれます。勿論階段もあります。ちなみに展望台に上るだけなら無料です。

博物館は大人¥300で1階と2階に展示室があります。いろんな昆虫の標本や登山道具が展示してありますが、新しいので綺麗です。

09景色の方はガラス張りなので写真撮影には向きませんが、360度見渡すことができます。写真は朝撮影したので雲が多いですが、お昼頃には一時北アルプスが見えたと思います。13

あっ恐竜だ。なぜか一匹ポツンとありました。

景色やキャンプを楽しむなら長峰山、天平の森の方が良いけど子供連れで気楽に楽しむにはこちらのほうが設備は整っているのでお勧めです。

04051415お花はこんなのが咲いていました。

がっかり

今日は松本のアルプス公園で市制100周年記念野外コンサートが開かれるので、朝からいそいそと出かけました。開演は2時からだけど「なるべくいい場所で聴きたいなぁ」と3時間も前から並んでました。

昨日までの雨も上がり雲は多いものの陽もさしたりで、絶好のコンサート日和と楽しみにしていたら、スタッフの人がチラシを・・・「本日のスペードの女王につきましては、風邪気味である小澤征爾総監督の体調を考慮し、副指揮者・・・に変更・・・」

01 密かにタダでオペラが楽しめるかもと思っていた自遊人。世の中そんなに甘くないですね。並んでた隣のおじさんは明日の公演を心配してましたが、がっかりした自遊人はオケリハしてる若い人たちを見て帰ってきたのでした。

蝶ヶ岳、常念への登山口開通

蝶・常念への三股の登山口が本日9月1日から通行可能となったようです。

一の沢登山口はまだもう少しかかるようですが、秋のシーズンには間に合いましたね。

http://www.city.azumino.nagano.jp/gyosei/kakuka/sangyo/shoko/oshirase/tozangutisaigaijoukyou/index.html

ちなみに徳本峠の復旧工事ももう少しかかるようです。

1年が過ぎました

01 安曇野市に引越すとともにサラリーマンを辞めて1年がたちました。縁のない土地ではあるけれど、山登りや温泉巡りでよく訪れていたので、妙に違和感なくすごしています。

人生、何が転機になるのかわかりません。ただひとつ言えるのは、この転機がプラスとなるのかマイナスとなるのか、たぶん陰で密かに評価してる人がいるのだろうということです。自分の人生設計に疑問を感じていない人はたぶん少ないでしょうからね。

会社を辞める時に多くの人から「なぜ」って聞かれました。心から心配してくれる上司の人もいました。辞めることを考えた数年前、もう少しいろんな人と話をしてみれば、また違った結果になっていたかもしれません。それでも遅かれ早かれその会社を辞めていたでしょうね。今でもそのことだけは間違っていなかった思っています。

たぶん、異なる結果になっていたのは移住した土地。数年前であればたぶん海外に出ていただろうということです。と言って外国語が得意なわけではないので相当な苦労を強いられていたでしょうがね。

望んでいる暮らしが出来るか否か、これからも一日一日を大事に過ごしていこうと改めて思い直している今日この頃です。

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト