« 風呂あがりに一杯 | トップページ | スタバ松本バージョン »

百合を見に行きました

残暑お見舞い申し上げます。今日は白馬地区で開かれている白馬Alps花三昧の会場のひとつ、白馬岩岳のゆり園に行きました。

Title_image http://www.vill.hakuba.nagano.jp/index2.html

0102正面に見えるのが夏のグラススキーゲレンデです。元気な地元の子供が板をかついで一番リフトに乗っていきました。

入場料は大人\1000、リフトが\400。リフトは別にセットではないけれど、半ば強制的についてきます。そしてごたぶんもれず写真屋さんがいて写真を撮ってくれます。「こんな写真買う人いるのか?」といぶかしく思いましたが、買う人がいました。どうせデジタルなんだから欲しい人の分だけ印刷すればいいのに・・・05

さて、ゆりの花はリフトの終点から右サイドへ行く事になります。ちなみに左側はゲレンデです。下から眺めると大したことないのですが、そばに行くと結構華やかに咲いています。0304

ところでゆりの花の香りの効果ですが、副交感神経に作用して人体のホルモン分泌を促すそうです。

糖尿病の人には口の渇きや体のだるさ改善に効果があるそうな・・0609

結構気に入ったのはこの花びらのふちが白いやつ。名前がいろいろついてるし、受付でパンフレットくれるけど、いちいち見ながらってのも面倒ですね。ちなみにこれはハイブリッド系のスターファイターかな?

07

10花というと花言葉が思い浮かびます。

ゆりの花言葉は白が純潔、黄色が飾らぬ美だそうです。白い花は神経を安定させ、赤・黄色・オレンジは気分を明るくしてくれるとあります。

白いのは綺麗だけどピンと合わせるのが難しくて写真撮りにくいです。11 12 13       

ピンクは幸福感を与えると書いてありましたが、いかがですか?

出口には花の咲いた鉢を売っていました。今月末までやっていますが、5鉢で¥1000。近所の自遊人にはサービスで花の終わったのを1鉢サービスしてくれました。家に帰って、早速玄関脇に植えてみました。

今日は平日でしたが、ぼちぼちお客さんは来ていました。ちょっとした登りもあるので、孫と一緒にきていたお婆さんは暑さも手伝って「ふうふう」言ってました。08

途中何ヶ所かお休みどころがあるのでペットボトルが一本あると良いですね。ちなみに自遊人は持って行きました。

下の売店ではゆりの根の天婦羅、ゆりのソフトクリーム、りんごシャーベット、山ぶんどジュースとか地場の産物をチョイスした食べ物を売ってました。

自遊人は当然、ゆりソフトを食べましたが、正直言って?です。まあ、暑い日にはなんでも美味しいです。

« 風呂あがりに一杯 | トップページ | スタバ松本バージョン »

コメント

さすが自遊人さん ゆりの花の写真ピントが合ってばっちり撮れていますね。


花の色によって ピントが合う、合わないという次元ではなく、被写体がどのようなものでもピントが上手く合わないお絵描きありなのです。

明日 新しいメガネが出来るのでちょっとはピントが合うようになるかな(笑)

人間の眼はよくできていて、どこにでもピントが合いますが、カメラは中々言うこと聞きませんね。

ピンボケには本当にピントがずれているケースと手振れがあります。手振れを防ぐにはなるべくシャッタースピードを早くする事。被写体限らず動きの早い被写体モードにするとかです。但し、逆にピントのあう範囲は狭くなりますので、例えば人物と背景を写したい時には不向き。ポートレートのように人物を浮き出させて、背景をぼかしたい時には逆に有効です。
あくまで一例です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 風呂あがりに一杯 | トップページ | スタバ松本バージョン »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト